上北山村西原の旧国道169号に架かるCアーチ.珍しく銘板が残っており昭和13年架設を知れる.スパンはちょうど20mで,これは吉野町高橋の主径間,下北山村前鬼橋の主径間とも一致する.この長さが奈良県にとってCアーチ採用の基準になったことが知れる貴重な一橋である.上記のCアーチはいずれも府県道上市木本線(東熊野街道)に築かれており,この時期盛んに路線が改修されたことも語ってくれている. EOP; include("./template.php") ?>