紀元2600年事業で橿原神宮の神域が整備された時,大軌橿原線は東方に移動させられ現在のようになった.付替前の橋梁跡が字大久保の民家の裏手に残っている.橋梁というにはいささか小さいかも知れぬ. EOP; include("./template.php") ?>