旧国道169号(県道五條新宮線)が立川渡からの登りにかかる出端にある.親柱の銘板は失われているが昭和13年(1938)に供用開始という記録あり.シンプルな二径間連続桁(T桁)で,さほど珍しい形式ではないが,鉄骨でガチガチに支えられている辺りに酷使された歴史を感じる.ただただ「ご苦労様」と言いたい. EOP; include("./template.php") ?>