大和郡山市の東の果て,大字横田に残る鋼桁橋.恐らく高瀬川の支流が流れていたものと思われるが,川が付け替えられた結果橋だけが残った.恐らく橋梁台帳からも消されているだろう哀れな鋼桁である.

EOP; include("./template.php") ?>