北摂歩きの先輩・Fさんに連れられて仏坂峠旧道を歩いた記録.東側は峠下の谷を真っ直ぐ下って地黄に出ていたらしく,それを探そうと出かけたのである.結果的には道そのものよりも,それに付属するいろいろ---牛頭天王の祠跡,野仏の集会場,旧道から見渡した水田の連なり etc.---のほうが印象深い探索となった.

EOP; include("./template.php") ?>