相賀側の坑口が曲がっていたため「キセルトンネル」と称された.それが災いして線形緩和のために坑口拡幅されている.大正2年9月着工,大正5年7月竣工.

EOP; include("./template.php") ?>