昭和一桁台に作られ,13年の阪神大水害で完膚なきまでに破壊されたという初代の六甲ドライブウェイ.その痕跡を追いかけて初夏の六甲山を這い回ったOFFである.写真の腕が悪く,肝心の遺構が上手に伝えられなかったのがもどかしい.流失しかけたRC橋や激勾配のコンクリート舗装など,当時を彷彿とさせる遺構がいくつも残っている. EOP; include("./template.php") ?>