現存例が少なくなったダブルフランジ・シャローガーダー.山陽鉄道時代の橋脚を活かすため,側面をL鋼で補強した背の低いガーダーを架けてある.桁は大正12年頃製造. EOP; include("./template.php") ?>