奈良市富雄の富雄川,葛上神社参道に架設された橋梁.橋そのものは架換られているが,大正15年に架設の旧橋の親柱が流用されている。左岸向かって左には「藤宮橋」,「寄進 大阪山熊組 藤田熊次郎 妻ムメ 当村矢追惣吉」と刻まれる.右は「ふぢみやばし」「大正十五年五月」.この時代の橋の親柱で寄進者名(と大工?)まで刻まれているのは珍しく,面白い. EOP; include("./template.php") ?>