昭和4,5年に建設された桜井−三重県境間には鉄道下を潜るボックスカルバートが無数にある.何でもないことのようだが県下では最初のボックスカルバート採用事例であるらしい.写真は榛原トンネル西口のボックスカルバート.線路と溝側が約30度の鋭角で交差する地点に設けられた,激しくスキューした暗渠である. EOP; include("./template.php") ?>