上北谷村西原の国道脇にひっそりと残る旧橋.昭和10年代の東熊野街道(県道下市木本線)改修によって作られたと思われる.面白いのは通常の桁2本に扇形の床板が載る「曲線床板橋」なところ.橋自体をカーブさせることで前後の侵入角を稼ごうという工夫である. EOP; include("./template.php") ?>