県下初の近代的な道路隧道として明治43年に完成した煉瓦隧道.南北坑口で形状が異なるのは関東大震災の被害を修復した結果である.北口に残された煉瓦の“継ぎ目”とスペーサーの跡に注目されたい.工事監督は遠山貞吉,後に滋賀県へ移って隧道工営所主任を務めた「村田の上司」である. EOP; include("./template.php") ?>