吉野川と北山川の分水界,伯母ヶ峰の険を越えて吉野郡の南北を結んだ峠.江戸時代末期に岩本弥兵衛によって新道が付けられたのが交通路としての端緒であった.この道は明治14年の東熊野街道第一期改修により荷車道勾配に改められたが,実質的に荷車道として機能したのは明治後半の第二期改修による成果である.昭和15年に伯母峰隧道ができ峠は廃止された.以降廃れる一方で今日に至る.

前後の道路が崩落し,峠だけが残っている.川上村側にはコンクリート製の駒止も残る.伯母谷在所にかけて連綿と続く第一期街道も,明治初期の道の在りようを伝えてくれる貴重な標本である. EOP; include("./template.php") ?>