東熊野街道が改修され五社峠が開かれる以前,川上村へ入るルートの一つとして使われていた道である.国栖村から峰上集落の波津を経て西河へ下るもので,川上村白川で採れた白土が国栖に運ばれ紙漉きに使われたことから「白土之道」と呼称することがある.南北ともに当時の道が残っている. EOP; include("./template.php") ?>