吉野川の筏を拾って鉄道に乗せ,中京や大阪方面へ直送する……そんな計画のもとに建設された南和鉄道と,覇を競って作られた紀和鉄道との確執,そして結果的に盲腸線となってしまった川端線(大和二見-川端間)の歴史を追いかけた.現地には貯木場跡(写真)やそれを取り巻くようにして伸びていた側線,駅構内で複雑にクロスしていたレール等が残っている.また西吉野地方を外界と結んだ運輸手段・大和索道もこの線に絡んでいた.鉄道遺構というよりも吉野林業絡みのそれとして見るべきものが多い廃線跡である.

現地聞き込みが結構上手く行った.鉄道統計まで持ち込んだ考察はあまり自信がない. EOP; include("./template.php") ?>