明治37年に紀和鉄道が建設した煉瓦隧道.煉瓦ポータルの西口,石ポータルの東口,煉瓦巻の坑道と,3種類の材質からなる「ハイブリッド隧道」の様相を呈している.西口坑口は昭和初期の盤面掘り下げに伴う改築.かえってそれが坑道の崩壊を加速し戦後の路線付け替えに繋がった.内部はいつ圧潰してもおかしくない状態である. EOP; include("./template.php") ?>