2006年夏の時点では刈小野以西にダムを建設中だった.小林隧道はそのダムの内側へ入る工事用通路として使われていたらしく,堰堤工事を終えたためにコンクリート壁で「栓」がされていた.そもそも工事以前に拡幅・C改修済みで普通のトンネルになっていたようだ(隧道リストではS37竣工).

隧道以西にも2つの明治隧道が存在していたはずだが,今頃はダム湖の底に沈んでしまっていることだろう. EOP; include("./template.php") ?>