大正6年(1917)に和歌山県富貴村から伸延された大和索道の天辻峠の駅跡.コンクリート製の基礎と無数のボルト群が残存している.大和索道に関しては樫辻駅跡も参照のこと. EOP; include("./template.php") ?>