瑜伽橋が架かる池の余水吐は,県下では珍しい煉瓦造の水路トンネルである.建設年は不明だが明治40年代の奈良ホテル建設時に設けられた可能性が高い.現在は荒池の洪水調節機能を付与されている.

EOP; include("./template.php") ?>