山川隧道と同じく、竹田の西の縁・鳥嶽を貫くもの.山川隧道の北側にあり,山川と同時に掘削願が出されている.明治7年竣工でも竹田市最古でない辺りがさすがである(?). 狭い露地を抜けて山に取り付き、山肌の高いところを水平移動して,最後にくっと曲って隧道.コルゲートパイプ(波形に整形された鉄板の筒)で覆われているが、大きさはほぼ当時のままだろう.西側は住宅の密集した斜面を真直ぐ下っていき、いかにも人馬専用といった趣き.そうして山川隧道道に合流する. EOP; include("./template.php") ?>