今は味も素っ気もないコンクリート製の水路橋でしかないが,ひと世代前は明治41年竣工の天井川掛樋だった.石製のねじまんぽであったという.

記事作成後に京田辺市の役所や何やらに押しかけて当時のことを尋ねて回った.収穫は皆無だった.今ないものに対して興味を持つ者などいないのだ. EOP; include("./template.php") ?>