旧版地形図で見つけた発電所と水路隧道の探索記.一庫ダムの建設される前,千軒川に沿って約2kmの水路を引いて発電していた猪名川水力発電所の跡を歩いた.うち約1kmが探索可能である.

普遍的価値がある物件ではないが,通い慣れた北摂にこのような発電所や水路隧道が残っていることを知れて面白かった.また明治45年に発電開始というのも意外に古く,料理の仕方如何でもっと面白いものにできたのではないかと思ったりもする. EOP; include("./template.php") ?>