吉野川を渡り吉野山へと向かう道なる美吉野橋.昭和11年(1936)に完成した5連のゲルバー桁橋は,一見すると何の変哲もないように見せ掛けて実は「羊の皮を被った意欲作」である.骨格に鉄筋ではなく溶接鉄骨を用いたSRCゲルバー.溶接技術の橋梁への応用は,昭和9年の瑞穂橋(部分溶接),昭和10年の田端大橋(全溶接)が知られているが,それに美吉野橋が続いていることを知る人は,恐らくほとんどいないだろう.奈良県がもっと誇っていい名橋の一つである. EOP; include("./template.php") ?>