絵葉書の電索川合駅の近くに見られる,初代の沢谷橋と思われる橋梁の跡.大石を使った背の高い石垣橋台が残る.渡れば電索絵図で索道駅が描かれている沢谷である.初代沢谷橋は大正3年竣工で,電索も大正3年着工・翌年竣工と言われることから,二つの川合駅を結ぶ目的で架けられた吊り橋であったと想像される.電索以前の沢谷は単なる荒れ地であったという. EOP; include("./template.php") ?>