天辻峠から降りてきた西熊野街道が阪本に降り付く直前,出屋敷峠道と合流する地点に存在する旧橋.コンクリート梁を十数本並べて床板代わりにしている.恐らく戦後の,仮道的な架設だったと思われる.なお名称は谷の名前から付けられたもので損害保険とは何ら関係ない. EOP; include("./template.php") ?>