大和街道が大又川の屈曲を避けて尾根越えする地点に穿たれた隧道.明治隧道である.七色ダムの建設に伴い湖面の高さに付け替えられた道よりもさらに高いところを抜けているため,それがあると知らなければ旧隧道のあることなどおくびにも出さないで通り過ぎてしまうだろう.

取付道路は完全に分断されている.現隧道脇から斜面を登り上げていくしかない. EOP; include("./template.php") ?>