明治期を通して川上村の玄関口の役割を果たした峠.それまで米を運ぶのでさえ2日ががりだったという川上村に初めて通じた荷車道であった.最初の改修は明治14年頃で,その後明治30年代の第二期改修で川上村側に新線が設けられている.大正道路法で県道上市木本線の指定が国栖回りになったことで廃れていった.

写真は2009年春の峠.その後地元有志による整備がなされ,当初に近い姿を取り戻した. EOP; include("./template.php") ?>