畦野に降りた街道は大路次川を伝って北上し,いまの日生ニュータウンの中を通って小部峠を越えた.今の交通網から見れば人目を避けるかのような裏道だが,北摂特有の緩い尾根筋に取り付いて行く合理性がそこにはあった.

岡の辻峠もゴルフ場敷地によって分断されている.かつて峠だったと思われる辺りには宝篋印塔と野仏の寄り合い場(写真).小部峠は大部峠とも書き,民田と阿古谷の境界線上である.南側には昔ながらの峠道が残り,また峠には駄馬の喉を潤した溜井戸の跡もある. EOP; include("./template.php") ?>