何度となく通った北摂の丹州街道を改めて走り直してみようと思い,実行した.横山峠は丹州街道最初の峠で池田と多田の間の尾根越えである.峠より北は住宅街になり変わっているが,南側にわずかに当時の姿を留めていた.現地で話を伺ったのもよい思い出である.

「北摂線描」の最初の回.北摂地域の旧廃道は全国普遍的に価値のある道では決してないが,自身の知識を整理するため,もしくは回を重ねていくことで北摂という地域を紹介できないか(そういう書き方ができないか)と思い,始めた企画である.結果として再発見が多くあり自分自身学ぶところが多かった.最も大きな収穫は,この企画を通してFさんやOさんという師に出会えたことかも知れない. EOP; include("./template.php") ?>