明治40年9月に営業を開始した関西水力電気の水力発電所.奈良県で最初に初送電を開始した水力発電施設である.現地には建屋の基礎しか残っていない.敷地の隅に関西水電の社章が入った境界標が忘れられている.

M40.9関西水電→T9頃二代目白砂発電所建設(最大出力480kW),廃止. EOP; include("./template.php") ?>