奈良県野迫川村と和歌山県橋本市の境.県道733号高津高野線.何気ない真新しい姿で今に在るが,元を糺せば昭和8年,野川土工森林組合の林道として開設されたものだった.昭和27年には野迫川村初の路線バスがこの隧道を通って開通している(柞原から現県道53号を通って上垣内まで).自力開削で道を作らなければならなかったほど道路難に苦しめられたのが野迫川村というところである. EOP; include("./template.php") ?> r53culverts.jpg