明治43年に初瀬川に建設された,県下で2番目に古い水力発電所の遺構.大字和田の共同墓地から発電所にかけての遺構が残存している.よくもまあこんな細い水路で200kWもの発電をしていたものだと思わずにいられないささやかな遺構である.

M44.3関西水電→T10関西電気→T11東邦電力→S12.3合同電気と所有者が変わり,この年に廃止された. EOP; include("./template.php") ?>