かつて天誅組が駆け抜け,十津川村民が新天地を求めて旅立っていった峠である.吉野西南部の村々と下界を結んだ道であると同時に,両者を隔てる障壁でもあった−−−今もその気が残っている−−−.

峠そのものは車道林道化されているが,北側にわずかに旧道が残り,天辻隧道道と峠を連絡している.西吉野町永谷の長坂とともに,近代の西熊野街道の姿を伝える貴重な区間である. EOP; include("./template.php") ?>