最も古い西熊野街道は,西吉野町大日川(おびがわ)の在所にあがり,その裏から始まる長い峠道を登って永谷(えいたに)に出るものが本道であったらしい.明治測量の旧版地形図ではこちらが県道表記になっているし,沿道の2つの水準点は明治28年に設置されたものであった.それが城戸・立川渡回りに換線されるのは天辻隧道建設でフィニッシュを迎えた大正期の改修による.

もともと街道は,天辻を越えてから永谷経由で五條へ向かう需要と城戸へ下り下市へ向かう需要が半々であったらしい.五條へ向かう場合のみ長坂を通ったわけである.どちらも荷車牛馬車が通ったことが,大塔村史の古老の聞き語りに記録されている.

現在,永谷側から車道林道化が進行中.見事な石垣も,あのストレートも,やがては無くなってしまうのだろう. EOP; include("./template.php") ?>