兵庫県宍粟市山崎町に残る素掘り隧道.揖保川の流れに面した断崖に安全な道を通すため明治36年に初代隧道が掘削された.その後何度か拡幅を経て現在に至っている.古さや素掘云々よりも,隧道以前にこの崖にあった桟橋跡のほうが貴重かも知れない.崖に四角い穴を穿って桟を挿し渡した跡である. EOP; include("./template.php") ?>