紀州林業イタツゴ谷製材所へ材を送り込んだトロッコ軌道.証言ではずいぶん奥まで伸びていたとのことだったが,大半が木製桟橋だったのか,それとも谷が徹底的に崩れたのか,痕跡を見い出すことが不可能になっている.往時の雰囲気をかろうじて留めているのはイタツゴ谷口の橋の脇から製材所跡へ向かう区間のみである.なおこの軌道は角材に鉄板を打ち付けた,いわゆる「木軌」であったという.その技術は高野山方面から学んだものだった. EOP; include("./template.php") ?>