巨巌渓を圧し,渓又激して竜化の瀑となる---藤沢南岳がそう撰した大路次川の渓谷地帯に,大正5年に掘削された素掘り隧道.一庫ダムの高位湛水域にあるため夏場になるとダム湖に沈む.

本総覧でも報告済.開通記念碑が隧道真上の付け替え道路脇に移設されているが,これとほとんど同じ文面の碑が,能勢町のとある住宅の庭にあるという.ORJ記事ではその文面を紹介している. EOP; include("./template.php") ?>