笠木峠北側の広場から山頂へ向かって登っていく塹壕道が,最も古い天川街道の跡である.尾根筋を大きく蛇行しながら登っていけばナルい山頂に至り,洞川方面へ向かう道と深谷経由で川合に降りる道とが岐かれる.いずれも尾根筋道で,いかにも古い線形の交通路といえる.「黒木辻」の名称は江戸時代に付けられた「横道」の峠(笠木峠)にも引き継がれたが,いつしか麓の集落名を取って笠木峠と呼ばれるようになった. EOP; include("./template.php") ?>