トップ «前の日記(2014-03-28) 最新 次の日記(2014-03-30)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2014-03-29 [長年日記]

[奇妙なポテンシャル] #336

流行りものに手を出さないくせに、世間から忘れられた頃になっても頭から離れないものが多く、どうしたものか、と思う。

アガリスク

などはそう。不意に思考の中に浮かび上がってくるうえ、その言葉尻だけから判断して、

血圧が上がるリスクを有する何か

だと連想してしまう。「茸」なのを未だに知らない。

無駄な思考の連鎖を食い止めるよい方法はないものか。それこそドコサヘキサン酸か何か摂取したほうが良いのかも知れぬ。

[納得がいかない] 安直なネーミング

納得がいかないものを列挙していくと自分の頭の硬さがわかる気がしたのでやってみる。

安直なネーミング、未だに馴染めない。 例えば「まとまるくん」。消しカスがまとまるので摘んで捨てられて便利という消しゴム。その機能は便利かも知らぬが「まとまるくん」はないだろうと思う。安直すぎやしないか。そのうえ言うほどまとまらないし。ゆるキャラの名前も腑に落ちない最たるもの。「ひこにゃん」は確かに可愛いが「彦根のにゃんこ」だから「ひこにゃん」というのは安直すぎる。その安直さのくせに人気者なのがまた納得がいかない。

そういう安直なネーミングは消費者を馬鹿にしてるんじゃないかと思う。難しい名前つけたらお前らわかんないだろ。覚えられないだろ。そんな憐れみ目線が読み取れる。してまたそんなネーミングじゃないと売れないらしいのがなんともだ。

というところまで書いて、我が身を振り返ってみて、いろんな角度からブーメランが帰ってくる気配を感じた。まあいいか。そういうのに気づくためのカテだ。

名前をただの識別子と割り切ることができたら楽なんだけどな。世の中がすでにそうなっているのかも知れない。名はなくても存在するものだってあるぜ。

[独言] ちぇ

ちとコーヒーを飲み過ぎたようだ。さっさと寝てしまいたいのになあ。


トップ «前の日記(2014-03-28) 最新 次の日記(2014-03-30)» 編集