トップ 最新 追記
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2018-03-01 [長年日記] この日を編集

[煉瓦][煉瓦工場] 鐘ヶ坂の煉瓦

画像の説明

前回訪問した時にも見ているはずの看板。これを見て、そういえば上小倉のどこで焼いたのだろうと疑問に思ってそのままだったことを思い出した。正確な場所がわかっていたりするのだろうか。それとも大字だけしか伝わっていないのか。

丹波市教育委員会さんにお尋ねしたところ、わざわざ調べてご返答してくださった。曰く煉瓦を焼いた場所と伝わっている場所があるという。興味深いことにそれは平野部の端ではなく集落から200mほど登った竹やぶの中だそう。伝敦賀線建設用煉瓦工場の立地とどこか似ているようなのだ。あちらは明治15年頃、こちらは明治16年竣工、ついでにいうと鐘ヶ坂隧道も敦賀線も藤田組が関わっている。看板では鹿児島の職人となっているけれども(この鹿児島の職人というのも地味に興味深い。鉄道省の堺煉瓦工場は鹿児島県人原口亀太郎と永井庄右衛門に払い下げられた)。

柏原側はこのように煉瓦工場の跡がわかっている。では篠山側はどうなんだろう? トンネルは両側坑口から順次巻立てていくものなので、貫通する前から篠山側にも煉瓦を供給する必要があった。鐘ヶ坂はあんな山道だし追入のほうへ降りて行ってしまうので上小倉から担いで越えて運んだようには思われない。それに先日masaさんが興味深いことを指摘して下さった。鐘ヶ坂隧道の坑口は篠山口のほうばかり風化が著しいのだ。柏原側はさほど目立って傷んでいるわけではない。だとすると柏原側と篠山側とで異なる製造ラインの煉瓦が用いられている=篠山側にも工場があって篠山側坑口の煉瓦を供給したりしたんじゃないだろうか。

という疑問も、篠山市教育委員会さんにぶつけてみた。結果は、不明。篠山側には工場跡と伝わる場所はないそうだ。かといって上小倉から運んだという話もないらしい(丹南町史には何も書いてなかったと思う。あとで見てみよう)。

先日隧道口で拾ってきた煉瓦の割れ方と、伝敦賀線煉瓦工場跡の焼損煉瓦のそれがよく似ている気がしてならない。全面的にでかいヒビが入っていて粉々になる寸前という態をしている。ただし煉瓦のサイズは若干違うし(小口幅が少し小さい)、鐘ヶ坂のは裏筋がついている。薄いので坑口に使われているやつではないはずだ。

[古レール] 福知山線要再調査

福知山線阿草トンネルの辺りで八幡製鉄所1903を発見したのに調子づいて、そういや福知山線のレールはほとんどチェックしてなかったなと思う。福知山線沿線には意外と古いレールが多い。双頭レールだってハイキング道脇の桜の園のあれだけじゃないんだ。野田尾Tの向こうにもあったんだ。しかし銘を調べるのを忘れている。それ以外にもホッパーだとか防護柵だとか古レール使用構造物は沢山ある。多分隧道はどれも防護柵つきだったと思う。そういう古レールの銘を徹底的に調べたら面白いのではないか。

黒田の周辺の旧隧道とかも見ときたいなあ。これは単純にコンプリート目的でそう思う。

といったわけで、二週連続で丹波詣でになりそうな予感。藪の薄い今の時期に片付けられる仕事は片付けておきたい。

[独言] PC

スイッチを押せば当然のように立ち上がる有り難さ。なんでもないようなことが幸せなんだねえ。

[] 丹波国鐘坂隧道概記並畧図

概記

凡国家の富強社会の開明を図るは人智を開達し物産を蕃殖するより先なるはなく人智を開達し物産を蕃殖するは交通運輸を便にするより急なるはなし故に道路を修め水利を通ずるは方今の急務にして其国家を利する鮮少ならず西舊道路を開くを富強の基本又文明の先導と云とかや然れどもこれを行う甚難し況や其事業の偉大なるに於てをや苟も奮興能く其志気を■まし堅忍能く其難苦に耐え所謂金石亦透るの精神あるに非ずんば奚(いずくん)ぞ能く其目的を達するを得ん我鐘ヶ坂隧道開鑿事業の如き亦これと同じく而て能其目的を達したりと云べし抑(そもそも)該坂は山陰街道中丹波国氷上多紀量郡界を横断する峻山にして坂路険悪にしてこれを■■すれば隆冬と雖も苦汗背に溢るるに至り行旅嶮を避け車両通せず其交通運輸を妨ぐる甚しく世人これを憂うるや久し然れども未だ救済の策を得ざりしに明治十三年一月六日氷上郡柏原町に於て同所土田雅二片山助右衛門三崎■七安藤久治郎中谷保太郎前川九平谷忠衛門等事あり少集す氷上郡長田艇吉氏及多紀郡大山宮村園田多祐亦席に在り■偶ま道路改修の急務なるより鐘ヶ坂の嶮を破らざるべからざるに説き及ぼし衆互に熱心■■の色あり依て翌日再び席を開き猶お三崎半四郎片山武兵衛小谷広次本庄弥七郎上山正蔵等相加り衆議遂に鐘ヶ坂に隧道を穿つの挙を企つるに決し此の工費大約壱万円乃至壱万五千円の胸算にして両郡有志輩より其三分二を醵出し残費は官の補助を仰がんとす就ては発起人於て先ず義醵を為し以て赤心を表し他を喚起せざるべからずとて寄附出金を約し猶幾くもなく多紀郡園田量助中道伊兵衛の賛成するあって僅々十六名にて二千余円を得たり於茲氷上郡長は多紀郡長安藤直紀氏に■議して両郡の協同一致を図り更に郡内名族芦田塚口衣川等の拾名を招き諮詢せしに各同意し且発起人■請に任せ其総代となり斡旋するに至る依て本県に稟請し県官森喜治氏の実測を受け死に経費凡三万円を用うるにあらざれば十分の目的を達す可からずと為せり於是[衆?]一時は愕[胎?]失望せしも固より半途挫折すべきに非ざれば発起総代芦田園田等両郡長に随伴出県親しく県令に就て官金補助増加の事を懇請せり当時大書記官原保太郎君土木課長二等属須永綽氏等大に此挙を賛成し為めに幇助せらるる所あり県令森岡昌純君に於ても深く讃美せらると雖も僻地に対しては偉大の奇工に付或は失挙あらんことを■はかくし稍持重せらるるものの如し然れども其事の公益に■する遠大にして発起人等の美志を空うするを惜まるにや遂に特■を以て其[願?]を容れられたり是より先き氷上郡は発起総代等に於て尚一層其規模を大にし併て郡内縦横の県道をも改修することとせば其影響する所広く且切なるを以て義醵集り易すからんとの意見■■■れども費途の■られざるを顧慮し躊躇せしに今や隧道費の大分は官弁を受くることとなりたれば人民に於てもこれに応じ一層発奮する所なくの■■くす因てこれを郡の公議に質し進止を取らんとて遂に仝郡町村連合会を開設せしに大多数の賛成を以て自ら其費任を負荷して隧道起功並県道■■■■することに決定し芦田辰左衛門(後衣川佐兵衛これに代る)塚口邦之亮土田雅二の三名を以て土功委員とし百般の事務を担任せしめたり於茲委員は多くの周旋人等を撰■し東西奔走大に周旋する所ありしは郡民速に饗応し義挙を助くるもの三千三百余人此金大約壱万五千円内一半は郡内県道改修の費途に充て残凡一半と多紀郡に於て園田多祐同量助中道伊兵衛等委員と為り百方盡力専ら同志を糾合し得たる所の金額三千三百円合計壱万余金を郡民の寄附義出とし以上の費途は官費又は地方税の補助を以て起功あらんことを公願せり仍て県令は大坂藤田組に命じ明治十三年十二月廿一日より開鑿に着手せしめられ破裂■[導?]を以て昼夜間断なく東西両口より穽掘すること歳余同十五年三月二日遂に会中せり当時坑内極めて狭少■躬横に身を容るるに過ずと雖も路線矢直にて東西互に日光を[通?]すを得べし人皆測算の精確と工事の巧妙に服せり爾後其幅員を広め磚瓦を畳み措据[経営?]同十六年九月廿四日に至り全く其功を竣え来十月十三日を卜し将に開通式を行わんとす此工月を閲する三十四洞長さ百四十七間高さ拾壱尺乃至拾四尺敷幅拾三尺六寸中央広さ拾五尺畳磚の囲む所長さ八拾四間余其層二枚乃至四枚坑門は堅石を以てこれを造り上に三條有栖川両大臣親■[碩?額?]字を刻み結構完[円?]観■壮麗前後繋ぐに拾余町の新路を以てし殊に西口は小楼を起し自噴貯水器を据え路傍新に桜楓等を樹ゆる千余猶紀功の巨碑を建設せんと欲し即今其撰文を編修副長官重野安繹君に請託せり此役使用する夫役凡六万三千任実質四万円余終始工事を監督せしは本県土木課員七等属森喜治氏にて該課長一等属賀集寅次郎氏これを総括し両郡長と供に■力少なからず氷上郡長書記山下銀四郎氏等与(あずか)りを能勤めたり就中首尾熱心従事せしは氷上郡長にして労費を吝まず力(つとめ)て同志恊合に尽せしは園田多祐を最とし周旋甚だ勤を能く官民間を調えしは塚口邦之亮土田雅二及芦田辰左衛門等にして衣川佐兵衛園田量助以下の委員発起人等これに亜(つ)ぐ而して工事斯く多の歳月を費せしは地中渾て堅剛なる磐石にして鏨鑿極めて至難なるに依ると云然れども受負者藤田組に於ては毫も屈撓せず手代沼野芳輔等能工夫を使役し施工中崩壊或は役夫死傷等の災厄なく■功を完成せしは天幸と[口?]うと雖ども抑亦藤田組の能く其責任を尽したるに依るなり初め該功を企つる[に?]県庁に於ては土木官費定額中より年を逐い漸次補助せらるる予算の如くなりしが実施着手に及び一般官費廃止の公布出て地方税使用の如きも常置委員に諮問を要せらるることとなり百事齟齬し大に困頓せられたりと此時に当り■言■起事の中廃に属せんを惧るるものあり県令毅然として曰く如此事業に対し思[慮?]を費やすは宜く着手以前に有るべし事既に決す今に迨(およ)んで何ぞ躊躇すべけんや艱難に遭遇するは予め期する所飽迄耐忍初志を貫かざるべからずと衆乃ち安んじ工事未だ半ば鳴らざるに各速に寄付金を■納し毫も其期を■あらざるのみならず其間往々不時の災に罹り資産を失い或示談身代限を為す等のことありしも債主の承諾を得て完済し此寄付金に於ては壱銭をも欠くる所莫く能其義務を竭(つく)せり県令深く其篤志を感称せられ益信義を固持し敢て阻ばまるる色なく工事を継続せしめ毎々の稟請上■に於て受理なきも猶屈せず自ら出京慇懃に情理を悉くして遂に庁議を動かし特別を以該費中人民寄付(前後道路に若干の地方税補助ありと)を除くの外は総て国庫より補給せらるることとなりし由これより先き氷上郡に於て寄付義出する所の金八千円余に地方税の補助を加え郡内遠坂小野尻塩津其他諸坂路並これに連絡する県道共年々改修し是亦過半成る抑斯く偉大なる功業をして僅々二郡人民の義金に基き幾多の艱難を排除し以て完■なる結菓を観るを得るもの蓋郡民義気の厚きと関係諸員拮据宜を得るの功多きに居ると雖ども県令の民利公益の重んぜらるるの深き力を用いらるるの厚きに非ずんば安く能く爰に到るを得ん亦以て平素官民協和の一端を観るに足る於茲や行旅の労■車馬の艱易前日に比せば霄壌啻(ただ)ならず世人の憂は全く消散し大に交通運輸の便を開き将来人智の開通物産の蕃殖期して俟ち得べし実に我二郡遠大の幸福と云うし豈二郡のみならんや実に国家の幸福なり

(原文旧漢字カナを新字かなに改)

はるか昔に柏原町歴史民俗資料館からいただいていた資料。FAXのヘッダーには2004年11月26日とある。FAXゆえ潰れたり掠れたりして読めないところが多く、無論読めても意味の分からぬ単語などもあって、重要なところだけ拾い読みするのが関の山だった。14年ぶりに引っ張りだしてきてみると、おおお、読める、読めるぞ! まるで飛行石を手にしたムスカ大佐みたいな感じだ。それが嬉しくてテキスト起こしなどしてみた。■はどうしても判読できなかった一字、[]は推定。

前半は企画のいきさつと工費集めの苦労話が中心。工事に関する詳細は後半。抹殺博士が出てくるのも後半だし「来る十月十三日に開道式」もそこに出てくる。すなわちこの文章が明治16年10月13日以前に作成されたものという根拠。大事なとこなのに読み飛ばすな>nagajis。

西旧道は略図のほうにも出てくる言葉で旧鐘ヶ坂峠道のことらしい。隆冬は冬の最も寒い時期のこと。 霄:しょう=空、壌=地、霄壌啻ならずとは天と地の違いよりももっと違うの意。

森岡県令がゴーサインを出した時には土木費は下げ渡し金として国から各県に投下されていた。その直後に下げ渡し金が廃止となって原則地方税で賄うことになり、それは厳しいということで特別に国庫補助を仰いだのだ。このへんは「補助金の社会学」にも書かれていた筈。そうそう後半に巻き立て長が隧道長より短いこととか内部幅が坑門幅より広いことが書かれてある。竣功当時は内部が巻立てられていなかった証拠。ただしその後に巻き立てたうえに坑道一通の巻き直しをしている。昭和の掘り下げで崩落したのはこの煉瓦巻きのはず(「丹波新聞」バックナンバー)。

あと、現地看板では申請の翌年に許可となっているんだけども、丹波氷上郡志の資料編に掲げてある上申書とその返信はどっちも13年だった。だから翌日にはもうOKなんかとおどろいて報告書にはそう書いてたのだ。そっちが間違ってたんだろうか。それとも早とちりか。>そうか、計画は十二年から始まっていて、工費15000円弱と見込んで森土木課長の調査を乞うたのが十二年。その結果3万かかると言われてしまい、東 西 奔走して1/3を集め、残りのを補助してくれと請願したのが13年の上申書なんだ。その返答は確かに翌日あったれども県令とは前々から内諾根回しがあったんだと思う、2/3補助してやるから残りは自分たちで何とかしろ、的な。んで何とかなったので「見込み伺」に繋がっていくわけだ。

概記を読んで改めて郡志を読むと、郡志の記述は概記の端折り書きなのがよくわかる。

14年でこの資料が読めるほどには成長した。嬉しいことだ誇らしいことだ。まったく無駄な七七年ではなかったのね偉いなねかったなねたと、まには自分を褒めてあげよう。

そっか、この時に小野尻峠も改修されたのか。だとするとあの旧道がそうなんだろう。日曜日の探索は地味に連綿があったのだなあ。


2018-03-03 [長年日記] この日を編集

[きたく][奇妙なポテンシャル] BES

あまりの寒さで陰嚢が縮み上がり股座にめり込んでしまう現象を

ボース=アインシュタイン凝縮

と呼ぶことを提唱したい。

低温のため金玉のスピンが揃ってしまつた状態に違いないと思うからだ。

[橋梁] 上戸川橋梁

画像の説明 木津駅北方の橋台が興味深い。片町線のには大阪窯業「改」+「カナ」+「釘」+社章と岸和田煉瓦と漢数字刻印が同居している。木津駅に達した明治31年という年度がかなりのミソと思われる。

現奈良線が載っているのは厚60mmの大型煉瓦。その隣に旧橋台と思われるものも残っていて、そちらの煉瓦は山城町域の奈良鉄道煉瓦構造物のサイズと同じはず。ほかに関西鉄道が木津駅に入るようになった頃の橋台もある。

[] 鹿背山隧道

画像の説明

やっと行き方を思い出した。検挙実績7人の看板のところから入って行くと水路橋に出る。その脇から降りたんだ。

東口は相変わらずの姿。鍵が鍵の用をなしていなかったので中に入ることができた。そうして刻印を発見してしまう業。この時期に正体の井桁なんてあったっけ。


2018-03-04 [長年日記] この日を編集

[きたく] しちゃいないが

風と戦った一日。天気は最高だったんだけど向かい風にやられた。そして肝心の煉瓦工場跡を捕捉できず。それらしい場所はあったのだが証拠となるような痕跡がない。人に尋ねても不明、かつ詳しい方が不在という不運。ま、末吉な日だったということにしておこう。

画像の説明官営八幡1903防護柵は徹底的にしらべることができた。残念ながらそれ以上古いものはなし。しかし図書いて示せるくらいにはなって、CARNEGIE1897も2本確認。それ自体は大してめづらかなものではないがUNION I.R.J.とILLINOIS STEEL Co. SOUTH WKS x HANKAKU とどれも1897なのは面白い。これに八幡の1903となると購入社が特定できたりするんだろかと思ったが、そも阪鶴と官営鉄道と混じってるんだった。阪鶴の古レールに自分とこのお古を足してってところか。そうそう最新のは八幡の60A 1926だった。それが交換された頃以降に防護柵は作られたことになる。八幡や舶来品はB規格?ゆえ不良在庫化していた古レールなのかもしれない。

[独言] そして今日もボース凝縮するいんのう

寒さよりも自転車で走ることが効いているのかもしれない。BESると降りて歩いているときの違和感が半端ない。

寒いときのはフェルミ縮退と称するべきかも知れぬ。

[独言] ふつー

くそう、宝塚からの急行は普通と一緒なのか。そのくせ豊中から止まらなくなる。岡町ハブってんのか。

なので豊中で降りて走帰する。そんなに変わらんし。

[きたく] 真に北区

画像の説明

帰り着いた・・疲労金平糖。食って寝る


2018-03-05 [長年日記] この日を編集

[ 独言] 指の皮が剥けた

ドライバーで力任せにねじ回していたら右手薬指の第一関節下の皮がめくれてしまった。なんともひ弱な掌になったものである。指先でないおかげで打鍵には差し障らないがいろいろと握れなくて困る。あれとかそれとか。これとか。

だめな手だなあとじっと見た手がやけに皺だらけになっていることに気づく。特に左手の手首の付け根。なんともまあ齢を取ったものである。

[独言][] だから休もうと思ったのに

大仏線の追加写真を入れ込んでいたらずいぶん時間を使ってしまった。明日は休む。そのくせ本編はまだ手をつけていないという悪辣。次号は中くらいの×3編となる予定。

平岡窯の煉瓦はいろいろなことを教えてくれるがパキッとした定理やあらゆるものに使えるものさしを与えてくれるわけではない。そういうものが存在しないのだということを教えてくれるのみである。まとめを書こうとする時にいちばん困るパターン。

[独言] この期に及んでストーブを直す

今年に入ってから不調続きだった会社のストーブ。すぐにE03エラー(燃焼不良)が出て落ちる。受けタンクの中に埃が漂っていたからそのせいだろうと思っていたけども、それを掃除しても治りはしなかった。今日はついに業を煮やして半解体、受けタンクから灯油を引いている辺りを取り外してゴニョゴニョしてみた。そのフィルターが特に汚れていたようにも見えなかったものの、以降試運転は快調であった。今更治ってもなあ。あったかくなっていくばっかりだからなあ。


2018-03-08 [長年日記] この日を編集

[煉瓦][煉瓦刻印] bdb公開設定

画像の説明

2013〜2014頃のデータを残した時点でgooglableにした。特に意味はない。450投稿くらい溜まったからこれでいいかと思って。

GoogleMapsの埋め込みは座標だけ取ってきて成形フォーム通してiframe貼り付けをしていたのだけれども、座標欄の カスタムフィールドを作ってcontents.phpで強制表示さす方がスマートだと気づき、ちゃっちゃと改造して放り込むようにした。前半300件くらいはirfameソースベタ書きなのでいつかまた暇な時に直す。

刻印分布の確認はGoogleMapsで万事OKと思って作り始めたものだが、数が多くなったら同種刻印がどんだけあるのかわからんちんになることが判明し、その用途よりも刻印煉瓦の所在の確認をするためだけに積み上げ続けてきた。bdbはのフロントエンドとのようなもの。どう考えてもダサい作りである。一点一点手作業でコピってくるのも画像をbdbに上げ直すのもダサい。そもそもGoogle+の画像DLが腐っているのであっちに上げたのを落としてくることができなくなってしまい、表示されている写真をフォルダの中から探し直してWordpressに放り込むというまだるっこいことをせねばならない。超面倒くさい。

そこまで煉瓦に入れ上げなければならない義理はないはずなのだが中途で放り出すわけにもいかないし唯一役立つ蓄積だと信じて疑わないので片付けてしまうとまではいかないにしてもその途を探し始めなければならないと思っている。別の角度からいえば自分がしたことで唯一ものになりそうなものだから大事にしたいという要するに心の拠り所のようなものなのだがそんな大したものじゃないことに心血注ぐ愚に気づいていないわけでもなくだからむしろ大したものにしてやろうじゃねえかと反目してみたりもするのだ。一蓮托生というやつか。

これが最終形態になるとは思えないが悪くはない筋だとは思う。あとはカテゴリ説明に煉瓦工場の概略とか入れたら完璧。使っているテーマはカテゴリ説明を無視する仕様だったので汚く突っ込むようにした。とはいえまだ一つも書けていない。


2018-03-13 [長年日記] この日を編集

[独言] 彷徨する饂飩の汁

ここ数日は饂飩ばかり食べている。特に理由はない。食いたいと思ったから食っている。この、食いたいと思うものを食うという行為は健全なる精神を養う王道だと信じている節があって、それはまあさておくとしても、饂飩もまたカレー並みに連続食に陥りやすい食材だと思う。何故なら三玉いくらで売られていることが多いのに加え一玉では腹一杯にならぬゆえ必ず一食二玉を食べてしまうことになり残りの一玉を片付けるためにもう三玉贖ってしまわずにはいられなくなるという罠が仕掛けられてあるからだ。二度目の三玉で止めておけば被害は広がらないのだが今度はその他具材が余ってしまったり足りなくなってしまったりしてその不都合を解消するためにまた饂飩という悪循環に陥りやすい。具材とうどんの最小公倍数まで繰り返される悪循環。実に危険な食材であると言わざるを得ない。

そうやって饂飩ばかり食べていると真性饂飩中毒になるようで、先程も夜食を買いに出掛けた先で何躊躇うこと無くどん兵衛を手に取っている自分を発見して戦慄した。饂飩の食べ過ぎで饂飩の如くな太く長い人生になるのなら此れ幸いだろうけれども生憎私はすぐに千切れるコシのないユルユルの饂飩を好いている。これこそザ・饂飩だと思っている。そしてさっさと事切れるほうを望んでいる。

饂飩を食した後の丼の置き場に困っている。食ってすぐさま台所へ持っていけばよいものを、残った汁が勿体なく思われてあとでもう一口飲もうと思って手近に置き放しにしてしまう癖がある。そのくせう一口を飲むことは滅多にない。気づいけば冷めて冷たくなった汁の入った丼が場所を占領している。ORJ発行が近づいた今時分などは机の周囲に資料が散乱していて丼の置き場もない。因って机の済だとか足元床の邪魔になる場所に置くことになる(邪魔にならない場所、ではない。そういう場所からして既に無くなっている)。そうして邪魔なものだから動く度にどかさなければならない。トイレに立つために机の上へ置き、戻ってpdf化の続きをするために足元へ遣り、毛布にくるまるためにマットレスの上へ移して、寝るために椅子の上に置き。表題の如くな状況が発生する。改めてこうして書いてみるとその愚かさ加減が胃を突くようだ。トイレに立つ時に丼を持っていけば済む話ではないか。


2018-03-17 [長年日記] この日を編集

[奇妙なポテンシャル] 歯医者と勝負する

今日小耳に挟んだ表現の話である。パートさんの義理のお父さんの言。

あそこの歯医者は勝負が早いから(気に入っているのだ云々)

などと使うそうである。今は大阪にお住いだが出自はチャキチャキの江戸っ子だと伺っているのである種の方言であるのかも知れない。しかし何とも妙を突く言葉だ。医者にかかるとか歯医者に診てもらうというと(そしてその行為自体も)受け身な行為という印象になってしまうが、「医者と勝負する」と書くと、その途端に人対人の対等なやりとりになって頼もしい。診察=一対一の真剣なやりとりなのである。

「結果」に焦点が向いているのもよい。治るのか、治らないのか。薬をくれるのかくれないのか。それが勝ち負けのメタファーによって明確にされる。いま抱えている身体の不具合を治してほしいから医者に行くのであって、その不具合の原因を即座に見抜いて適切な処置を施してくれたとしたら、まさしく医者の勝ちであろう。そういう勝負のはやさを望むだろう。患者自身が勝つことは期待されていない。なるほどそうか、この勝負は医者と病との勝負と見てもいいのだな。

どだい対人コミュニケーションはなんでも本来そうあるべきなんじゃないかと思う。 お客様は神様とばかりに妙に高圧的になる輩、その場を取り繕うだけの言辞でものを買わせようとする家電量販店店員、と「勝負」すべきである。コンビニに行って買い物をすることも「コンビニと勝負する」。王将で天津飯弁当を贖うのも「天飯弁当を勝負する」。注文した牛丼がなかなか出てこなれば「勝負にならん」。

というような用法を考えてはみたけれどもいまいちすっきりとしない。人対人の対面応接でなければこの語の感触は嵌らないようだ。コンビニなんか対人のナニカとは思えないしな。こちらの言葉を都合よく聞いて対応してくれるシステムにモノを買いに行っているようなものだからだろうか。言っても暖簾に腕押しで杓子定規な答えしか帰ってこないのであればそれこそ勝負にならぬ。刺すか刺されるかの真剣勝負であってみてもいいのでないか>コンビニ。

[ORJ] 総もくじ

そろそろ目次を作らないとと思ってファイル名を拾っていたら表紙の誤字とかナンバリング間違いとか出てきて恥ずかしいのなんの。生れてすみません。


2018-03-18 [長年日記] この日を編集

[古レール] DARLINGTON IRON CO 70 IGJR

画像の説明

なるほど、彼らが私を呼んでいたのか…。

9時過ぎに武田尾に着いて、廃線敷に辿り着いたのが15時とは、どういうわけだ。我ながら馬鹿げた本願を抱いたものだ。しかしそのおかげで最古のレールに出会えたわけで。このレールが現役だった頃西郷どんも大久保卿も生きていた。そう考えると感慨も一入だ。

DARLINGTON IRONのは71や73も存在する。錆び尽くしてダメだこりゃと思えるものも、裏を見たら意外と綺麗に残っていたりした。水平材は腐っていることが多いみたいだが何しろ数があるお陰で状態のいいものを見つけられる。

それにもまして謎なのが、DARLINGTON IRON CO LIMD 73 IRJの平底レールがあったことだ。その頃は双頭なんじゃないのか。

→京都大阪間は平底であったらしい。その後逢坂山隧道の辺りは再び双頭レールになって、それが最後だそうだ。確かにCAMMELLのと思われる1878も存在した。てことはこの鉄柵には関西地方の鉄道建設黎明期のレールが全部揃っていることになるな。官営八幡の1903も一本こっそり混じっていたからさらに話は広がりまくりんぐ。ただし平底レールの大半はCAMMELL・ILLINOISの阪鶴納入レール1896-1897、関西鉄道KTK(Wいくつやっけ)、大阪鉄道OTK 1888~1889とかなのでずいぶん幅がある。加えて官営八幡の1910年代のも混じっている。相当幅があるのはどうしてだろう?

画像の説明

実物を見たい人はこの送水管の高さまで登ればよい。

画像の説明

もしくは武田尾バス停の背後のここ。

長尾山第二隧道前のゲロ藪に塗れたものと第二隧道出口脇の沢の柵はパスし、親水公園の付近のものを1/3ほど調べたところでタイムアップ。つうか武田尾駅からここまで鉄柵は全部双頭レールを使ってあるのだな。


2018-03-20 [長年日記] この日を編集

[独言][古レール] ちょっと待てよ

DARLINGTONの1870年モノを見つけられたことは全然偶然でないのかも知れぬ。双頭レールだったらDARLINGTONかCAMMELしかなくて、つまるところ双頭レールを相当な数調べたら最古相等のものが出てきて然るべきと想到すべきなのかも知れぬ。

この分野に関しては嵐さんによる懇切丁寧な解説があるし三越からレール群を掘り出して分類されたうえに各所にご提供されたTさんの業績もあるしで蓄積された情報が層塔として聳えているわけで、うん、現時点で見つけられた古レールは三越産レールの多様性希少性の足元にも及ばないのだった。と頂いていた資料を再見して思ったことだった。

まあ一つだけ意義を見出すなら「行けば見られる」気安い場所にあるということくらいか。そこに双頭レールがあることは多くの方がご存知のはずだが、どの柵のどの柱を見ればいいかわかったらより行きやすくなるだろうし宣伝もしやすいだろう。 頑張って掃討したらそれ以外だって見つかるかもよ。他の会社のとか1860年代のがとかさ。んなことないんかなあ。

[独言][古レール] そんなことを考えながら

成果をEXCELに集約し始めてさっそく混乱している。あれ、野田尾の手前の柵って4個所あったんだっけか。

現状CAMMELLとCARNEGIEとILLINOISとBARROWSで8割くらいを占めている。次いでBV&Coと官営八幡。CAMBRIAが2本、PS&Co、MOSS BAY、BSCoが1本ずつで沿線ではちょっとレア。そうやって明治の輸入桁ばかりな中に何故か官営八幡の2601が混じっているのがまた謎だ。いったいいつ作ったんだろうあの柵は。


2018-03-22 [長年日記] この日を編集

[由良要塞] この溝

画像の説明

水切りと判明した。そうなんだよ! ここに溝切っとかないと縁を伝って水が回り込む可能性があるんだよ。その可能性を排除するための溝なんだ。素晴らしい。

画像の説明

砲台掩蔽部の天端笠石の裏にもあるんだこの水切り溝は(写真は深山第一砲台)。C製掩蔽部の内側にあるものは確かに意味がある。それが橋のアーチにも援用されたと思われる。そういう細かい配慮が要塞建築には実は徹底されているだと知った。

でも阿振川橋の裏にはなかったな・・・あれが最も古いからかも知れない。いやM38の小良込橋にもなかった。鳴門の鳰谷川橋にもない。佐瀬川とか男良谷とか作ってた頃のものだけ入っている。うーむ。


2018-03-25 [長年日記] この日を編集

[きたく][古レール] 第3回

意外と片付いてしまった。

この傾斜と戦えば、画像の説明

DARLINGTONの1973年もの平底レールに会える。画像の説明

画像の説明

戦いの跡。


2018-03-26 [長年日記] この日を編集

[古レール] 覚書

記事にするのはもっと先になると思われるのでメモ書きを残す。双頭レールが使われているのは武田尾駅〜最初のトンネルの間に2個所、第一・第二隧道の間に1個所、第2隧道の先(桜の園)に最長の柵、そして武庫川第二橋梁の前。それから第二橋梁の先の隧道を抜けた所に双頭レールだけで作った朽ちた柵がある。野田尾の区間はホッパーの前の4基のうちの一つとその手前の沢の柵。野田尾Tと次のTの間はまだ確認できていないのでここを終えてからまとめるつもり。下のほうは平底レールで作ってあり、藪まみれ&C基礎の上なので飛ばした。ここに古いものが使われていないわけではなくIllinoisの阪鶴レールや1922のBSCoとかある。余裕があれば調べてみたいがハイカーの視線を浴びまくること必至だし藪が面倒だしでちょっと辛い。阿草の柵に官営八幡1903があったようにここにソレ系が混ざっている可能性もなきにしもあらずだ。しかし可能性から言えば双頭レール使用柵のほうが明らかに古く、面白いものが見つかるようである。

古レール柵を探していると、柵があるだろう高さの藪の中に見上げるような高さの擁壁が築かれているのを何度も見た。コンクリート製のものもあれば石積み+コンクリ目地のもある。第二橋梁以下右岸をゆく区間などは特にこの高擁壁が多い。実はその擁壁の中にレール柵が埋まってたりするんじゃないだろうかと思ってみたりした。使い分ける基準がはっきりしない。傾斜がきつい=崩れやすいから擁壁でがっつり固めているかと思ったりもしたがレール柵のある場所の傾斜とさほど変わらない気もする。岩勝ちであるか否かかも知れないな。

それにしてもIllinois/Carnegieの阪鶴レールの多いこと多いこと。使ってあるレールはまっすぐだからそのようなレールを流用したはずだが、あんだけ曲がりくねった阪鶴鉄道線上にそんなに直線区間があったっけ?と思ったりしないでもない。まあ、全部足しても1kmにもならないか>柵のレール。ともかくHANKAKU銘は見飽きるほどもあるが、数多く確認できたということはそれだけ錆びにくい良質のレールだったということかも知れぬ。Illinoisのは1897年10月もしくは1898年1月のばかり。Carnegieはほぼ100%1896年9月製。

そういやNTKやSTK、KTKは武田尾区間ではほとんど見なかった。微妙に分布が均等でないのは興味深い。


2018-03-27 [長年日記] この日を編集

[古レール] 実はこれが一番レアかも知れぬ

画像の説明おそらくCAMMELL製と思われる1874年銘の平底レール。DARLINGTONだけじゃなかったのだ。


2018-03-29 [長年日記] この日を編集

[古レール] ドツボにはまるDARLINGTON

画像の説
明EXCELで整理をしているうち、

DARLINGTON IRON CO LIMD 71 IRJ

と読める一本があったことに気づいて困っている。しかも平底レールである。

Darlington Ironは1872年に株式会社になったとGRACES GUIDEにも書かれてあって、実際 CO 71 の双頭レールも見つけてあるし、その納入先はIGJRだし、73・74の平底は皆 CO LIMD であった。該レールも1の縦棒の脇にちょこっと塊がついていて、4の左半分が朽ちたように最初は思ったのだけれども、いろんな角度から撮った写真を観直しているうちにわからなくなってしまった。74の7と4の縦棒との離れ具合いと違う、つまりは7と1を続けて刻んであるようにも見えるし、やっぱり4の左半分が欠けただけのようにも見える。

宜しくドツボである。 画像の説明

私は学者でないので適当を言う。もし現物が確かに71であったとしたらどうだろう。1872年にLIMITEDになったという情報が間違いで、1871のどこかでLIMD.になって平底レールを作り始めたんだったら、それはあり得る。71ではなく74であれば何の擾乱も起こさずに済む。

GRACE'S GUIDEには1872 の”recently”にペンデルトン工場にベッセマー炉を作りDarlington Iron Company Limitedを設立したあるんだな。原文嫁。レジストれ。しかし今日はもう疲れた。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ TAKATAKATAKA [衝撃的な新発見だぞ、わーい。]


2018-03-31 [長年日記] この日を編集

[古レール] CAMMEL・S.TOUGHENEDSTEEL.W.1890 I.R.J SEC 104

画像の説明

何故、1890年ものの双頭レールが出てくるのか。しかも最後に。

そしてこの写真では双頭レールかどうかもわからないという。


トップ 最新 追記