トップ «前の日記(2014-09-03) 最新 次の日記(2014-09-09)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | ToRead | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 大日本窯業協会雑誌 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 新聞読 | 既出 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2014-09-06 [長年日記]

[挾物] 無一門氏の宣言文

画像の説明

久しぶりに琴線に触れる挾物に出会った.今から約40年前に書かれた宣言である.本人の許可なしに掲げると怒られるに違いないが,こういうものを書きたくなる気分は私にもあったし(今でもあるし),胸の内から湧き上がる思いを衝動のままに書きつけたものだというところに計り知れない価値を感じる.誰に宛てて書いたものでも,誰かに読まれることを予期したものでもないナマの感傷.百千万の美辞麗句で飾り立てたブンショーより遥かに尊いと思う.

なにより私は承諾をとるべき本人を知らない.入荷してきた古書に挟まっていたのだから.その挟まっていた本が永島慎二の作品集だったというのも味わいを深くする.実際無一門氏も漫画家志望の青年であった節がある(一緒に挟まれていた別のメッセージによる).

蛇足.朝日文庫『戦後値段史年表』によれば,昭和50年の銀行初任給は大卒で85000円,高卒で70000円だった.平成7年にはそれが約2倍になっている.氏の金持ちぶりは推して知るべし.その具合いもまた,自分に通じるものがあって人事とは思えない.


トップ «前の日記(2014-09-03) 最新 次の日記(2014-09-09)» 編集