トップ «前の日記(2017-09-04) 最新 次の日記(2017-09-12)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 産業遺産 | 由良要塞 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2017-09-07 [長年日記]

[D]大鉄が神通力にて築堤を造るの記事を探す

夢の中では理智的な判断力が低下する。その割に妙に現実的であったりして、夢の中の自分は芯からそれを現実と受け止め、そして苦労することが多い。

先日見たのは表題のような内容。大鉄が路線を建設するときに難波の築堤を超人間的存在の力を借りて建設したという新聞記事を読んだ記憶があり、それを確証するために該記事を探すという夢だ。大量にコピーしてきた記事の山の中からそれを探し出そうとしている。いくら捲っても該当記事が出て来ない。おかしい。絶対コピーしたはずなんだ。「鬼斧神鑿」という形容ではなく実際にそんな力を得て奇跡的な工事をしたという記事が。

目が覚めた時、妙なリアル感とともに、じっくり考えたらそんなことあるわけないだろうという判断が湧いてきて、なんでそんな無駄なことをして疲れたんだろうという後悔の念に苛まれた。

続けて思ったのだが、痴呆症状というのは、この夢の中のような状況をいうのだろうということ。あり得ない、おかしい、という判断がまったく働かずに、始めに思ったことに妄執して、離れられなくなる。どこかがすっぽり抜け落ちてしまっている。リアルに近ければ近いほど。

痴呆と我との間は思っていたよりもさらに近くて具体的なのかも知れない。


トップ «前の日記(2017-09-04) 最新 次の日記(2017-09-12)» 編集