トップ «前の日記(2007-12-18) 最新 次の日記(2007-12-21)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | ToRead | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 大日本窯業協会雑誌 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 既出 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2007-12-20 追記で勝手にOFF [長年日記]

[独言]

12時間ぶっつづけでPCの前に座っていると頭がどうかしてくる。目がショボショボするのは明かりが足りないせいだとわかったので部屋の照明に加えて電機スタンドもつけてなおキーボードに向かっている。ラジオはさっきから葛飾北斎の来歴を喋り続けている。聞いているともいないとも言えないような聞き方で聞き流しているせいで「70歳」「稲妻」「衣紋」等々の断片的な情報ばかりが自分のなかの北斎像と結び付けられていき情報キメラと化してゆく。それをどうすることもできない。

生きることに投げやりなのではなく、まさにそうとしか生きられないからこそ今この場所にこうして居るんだと思う。決してニヒリズムだとかダダイズム的な感傷によるものではなく、そういう表象を剥ぎ取り払い除けしてもなお残っている心の闇、それが少しでもあり続ける限りはnagajisは変わらない。どうあがいたって真っ当なひとにはなれないと信じている。

「だから何?」軽く笑って忘れてしまいたいものだ。

[tdb] うーむ

18号の発行直後にドタバタとサーバを移転したせいでtdbの写真が移せていなかった。dumpが90MBあるからラージオブジェクトもダンプしてくれてるもんだと過信していた・・・。よくわかってないくせにラージオブジェクトなんて使うからこんなになるのだ。めっ。

[橋梁] 日曜日勝手にOFF決行

大家さんに脚立を借りられそうなので日曜日に行ってみようかと思う>宝塚の明治鉄橋。何かあるかも知れないし、何も無いかも知れないが、興味のある方は阪急山本駅北側に朝11時集合。2、3駅歩きます。nagajisに石を投げたい方もぜひ。

[web] ログインページのSSL化

現状。

  • 現状では共有SSLサーバ(ss1.coressl.jp)を経由する「なんちゃってSSL」しか利用できない
    • これって通信内容の暗号化はできるけれども、厳密に言えばwww.the-orj.orgの唯一性を保証するものではない。ss1.coressl.jpの唯一性が保証されるばかり。(もちろん、その背後にwww.the-orj.orgがあって、おなじサーバ業者を使っている以上はある程度保証されるのだろうけれど、ss1.coressl.jpの仕組みが公開されていない以上、ホントに大丈夫なのかわからんところがある。例えばss1.coressl.jp<>www,the-orj.orgの間でDNSが変わっていたら?あり得んかも知れんけれど)
  • 本来なら自前の証明書を購入してSSLしなければならない所。しかしサーバの証明書がとても高くておいそれと買えるものではない。
  • &、パスワードを平文で流すのをどうかと思わないわけでもない。アンケートでいただいているパスワードの件も合わせるとなおさら。

対策。

  • ぐだぐだ言ってないで共有SSL鯖使えっての。
  • ログイン情報の送信、読者情報の表示(status.php)まではSSLで。そこからDLページへはログイン情報をブリッジして。
  • DLページでのhttps通信はあきらめる。ただでさえ負荷をかけているうえに共有サーバに60MBを通すのはちょとどうかと思う。
  • 合わせて読者登録ページもSSLにするべし。
  • パスワードの平文送付はもう少し策を錬りたい...

トップ «前の日記(2007-12-18) 最新 次の日記(2007-12-21)» 編集