トップ «前の日記(2012-03-05) 最新 次の日記(2012-03-07)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 産業遺産 | 由良要塞 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2012-03-06 突如絵葉書祭り [長年日記]

[絵葉書][] 隧:滋賀県/三重県 鈴鹿隧道

画像の説明

昨日100えんでげっつした一枚.この構図があるとは知らなかった.東口なので,ここに写っている三つ鉾と,向かって右側の翼壁が今も露出していることになる.背後の土留石垣もそうだったのだな.

撮影年度は不明だが,かなり苔むしているところを見ると戦前後半か戦後すぐといったところか.笠石のところに落書きがある.「天下の畑 □分団」? なんのこっちゃ.

[橋梁][絵葉書] 橋:滋賀県 瀬田唐橋

画像の説明

面白くも何ともない名勝絵葉書,と思ってしまった人は左上の隠しカメラに向かって尻振り百回.とか偉そうなこと書いておきながら土木学会附属図書館にあるはずの資料が見つけられなかった.土木学会誌第10巻第4号(大正13年8月発行)瀬田橋改築工事報告概要だ覚えとけnagajis.

瀬田橋は琵琶湖の流出口に架かる橋で,東海道の要衝かつ名勝之地.太平記にも出てくる由緒ある橋だ.大正13年の架け替えでは木橋の雰囲気を残しつつ近代的な工法でもって行われた.曰く鉄筋混凝土橋脚にI鋼桁9本を載せたうえで鉄筋混凝土床版を採用.その上で路面に木板を敷き,木製欄干を作り直して元の擬宝珠を載せた.橋側面の庇(霧除庇)も木製だった.

そうか,その頃のをアプれば早いのか.

画像の説明

大正13年架替後の姿.こう見るとほんと木橋のように見える.木の皮を被った鋼橋だ.

最初の絵葉書はその化けの皮が剥がれたところ.庇が腐朽して落ちてしまったのだろうか,すっかり取り払われてI鋼桁が露わになっている.キャプションが右書きなのをみると戦後のものであるらしい.最終的にS53に架け替えられて現在の鉄筋混凝土桁になった.

100えん也.

[絵葉書][] 隧道:愛知・鉢地坂隧道

画像の説明

ドライブウェイのは結構よくある鉢地坂.遠望の一枚を持っていたのだけど,もっといい構図のを入手した.100えん也.

「日本の近代土木遺産」ではスパンドレル部の隅飾が特徴の一つに挙げられているが,確か御坂隧道とか,福岡の秋月隧道,櫨ケ峠隧道にも似たような装飾がある.ここを三角に飾るのは思いつきやすい発想だったのかも知れない.それよりも笠石に何やら微細な飾りが見えるのが気になる.あと,扁額ちっせえ...

[絵葉書] 索:兵庫・六甲山ロープウェー

画像の説明鉄道は貨車が写ってるだけでにせんえんとかゆう巫山戯た価格設定になっていることが多い.対してケーブルカーやロープウェイはめっぽう安く手に入る.誰も買わないからよく余っている.そんな中から拾い上げた珍しい?一枚.

昭和の初めに開通し,S13の阪神大水害で壊滅廃業した六甲山ケーブルの絵葉書は数からして少ない.今までみつけることができたのはこれ一枚きりだ(ネットで探せば売ってるんだろうけどね).なお支柱は切られてコンクリ基礎だけになっている.

[絵葉書][橋梁] 橋:大分・舞鶴橋

画像の説明

中津道路の鹿倉隧道を抜けた先に作られた橋.しろさんがサイトで使っているのを見つけて欲しく思っていた.絵葉書のキャプションでは舞出橋になっているが,大分県人的適当さによるものである(多分.舞鶴≒まいづる≒舞い出づるなのだろう).

絵葉書下辺から時計回りに下って行って,橋を渡り.回って橋の下を抜けていく.いわゆるループ路線.明治24年竣工だから,ひょっとしたら日本で最初に作られたループであったかも知れない.玖珠郡長・村上田長がこの路線を建設した時,鹿倉の高低差を攻略しあぐねていたところ,鶴が舞い降りてくる姿を見てこのループ式を思いついたと言われている.ホントかどうかはさておき.

この橋があったところは農産物直売所だったか食事処だったかの駐車場になっているが,橋は当時の姿のまま埋められたはず(「九州の峠」だったかしらん).掘り起こして村おこしに使おうという機運は……一切ないのだろうな.

[絵葉書][橋梁] 天津:万国橋

画像の説明

橋の絵葉書を購入対象にしている.なかでも増田淳設計の橋梁を探しているというニッチの狭間をすり抜けるようなことをしている.確か大陸でも可動橋を設計してたよな,と思ってこれを購ったが間違いだった.増田の設計は釜山渡津橋だ(しかも支承周りしか設計が残ってねえ).

とはいいながら,単に橋として見ても面白い構造だ.単純バスキュールが向かい合わせになっているように見えて実は違う.可動桁の端が固定桁端から外れて高く持ち上がっているから,複雑なリンク構造によって可動桁が持ち上がるようになっているはず.そうすることで航路幅をめいっぱい確保している(単純バスキュールだと「_/ \_」の字に開くので航路を阻害する).おそらく大船橋と同じロール式の可動橋だろう.

[独言][ToDo] なんか立て続く

ToDo消費し切れてないのに次々と。しなければ。ならないことが。

ORJ原稿の整理・訂正・バック・作成

「鉱石の道」報告書修正

調査員受諾のメール(済)

大正中央中学校へのアポイント

工場通覧のデータ化<勝手に始めるから…

調査のスキームを考える

学会誌の編集・バック

あれや これや

ちゃんちゃらんゃちゃんちゃらんちゃ

[] だめだ・・・

デフラグくらいじゃ足りないぜ.いろいろ不足している・いったりきたりしすぎ.換骨奪胎して別記事にするくらいしないとなおらない.おとなしく「ない」で終われ.

サブ記事のくせに時間かかりやがる・・・どうしたものか・・・

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ ocoze@三重 (2012-03-06 10:01)

ボンネットバスといいスワンボートならぬカモボートといい穴あきパ◯ティといいクルクル橋といい楽すぃものを拝見しますたぁ♪昔は直角の道が結構普通にあったんですねぇ。車のスピードが遅いから?

_ nagajis (2012-03-06 19:04)

あれは何ででしょうね? 隧道の出口で直角に曲ってるところ、多いですよね。やはりそこまで飛ばす車が(飛ばせるほど馬力のある車が)なかったからでしょうか。


トップ «前の日記(2012-03-05) 最新 次の日記(2012-03-07)» 編集