トップ «前の日記(2014-03-09) 最新 次の日記(2014-03-12)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | ToRead | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 大日本窯業協会雑誌 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 新聞読 | 既出 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2014-03-11 [長年日記]

[独言][][近遺調] うぇい

じぇいおう、ぎばらんじぇあ。おげぐるっぱびもびも。ふんじるげってんはいさるい。

訳:しかしながら自分を公開することもないしは閉ざすことも相互存在というその都度の在り方に基づくばかりでなく実にこの在り方そのもので在ると同じく他人の改めてはっきりした顧慮的な開示作用もまた第一義的な他人との共同存在の働きからだけ生じます。

再訳:pdfを仕上げてから校正かかって終わったのが午前3時。牛丼大盛汁濁玉で恍惚し帰ってきて今に至る。さっさと寝たい。

その月の20日から入寮して集中訓練受けることになっていた人生の分岐点を重ね合わせて云々という話は省くことにした。だれも欲しがっちゃいないそんな情報。唐突に挿入される道ロストを嗤えばいいさ。人がいたらの話だが。

しかし38MBにもなったのはどうするべか。解像度結構落としたつもりなんだけど。8でsqueezeしてみようか。あまり変わらない気もするけれどな。意味もなく大画像を侈ったのが原因の一つではあるがそれが全てでないはずだし最後のほうのはまだ意味がある。 数MBしかかわらないだろうけど。縦使いのを100dpiまで落としてみるか?

ここで二分割するのも変だしな・・・。

ずいぶん以前にTUKA氏に倒置法使い杉と怒られた。倒置法使うのはべつに凝ってそうしているわけではない。希望・願望が先にあって、でも問題があってすぐには解決しないんだよね、どうしよね、っていう順の発想のしかたをしがちだからだ。と2段落上を書きながらおもった。障害となる○○があるけど△△しよう、ではないのだな。△△したい。まずそれが出てくる。でも実際は|本当は|結局は○○なんだよな、と。あるいは原因ー結果を一意に結び付けたがらないからか。


トップ «前の日記(2014-03-09) 最新 次の日記(2014-03-12)» 編集