トップ «前の日記(2016-09-18) 最新 次の日記(2016-09-21)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | ToRead | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 大日本窯業協会雑誌 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 新聞読 | 既出 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2016-09-19 [長年日記]

[奇妙なポテンシャル] サカェ…

画像の説明

確か西明石駅だったと思うのだが、駅に到着した電車の車窓から偶々この看板を目撃した。このテのキラキラ看板---金属製の可動式円盤が取り付けられていて、風が吹くとサラサラ動いて人の目を惹く---は最近ほとんど見なくなった。ひどく懐かしい気がするのは実家最寄りの長谷部ストアーの看板がこれだったからじゃないだろうか。ともかく私の子供の頃にはこの看板があちこちにあった。たいていのものは円盤が千切れてまだらになってしまっていたが。この看板のように。

改めて目にすると単純な仕掛けながら風流なもののように思えたことだった。風というか空気の流れというかが目に見える形でわかる仕掛けで、端からサーッと色を変えていくさまは見ていて飽きなかった。円盤がもうちょっと残っていたらもっときれいだっただろうに。

動くカンバンといえば昨今だとパチンコ屋のLED映像看板が筆頭格だろうが、あれはムカつく。やめてほしい。無駄に注意を奪われる上に結局は同じ内容の繰り返しだ。つまらない。同じ動くでも1/fゆらぎが潜んでいる円盤看板のほうが何十層倍もよい。

みたいなことを思いながらこの写真を撮ったのだが、実はそれ以外のところに突っ込みどころが満載であったのだった。この看板に篭もる奇妙なポテンシャルを、皆さんはいくつ見つけることができるだろうか。

ちなみにこのパブはもう存在していないらしい。存在しない店の看板が存在していて未だ稼働中というのも中々良いポテンシャルを有している。


トップ «前の日記(2016-09-18) 最新 次の日記(2016-09-21)» 編集