トップ «前の日記(2020-10-22) 最新 次の日記(2020-10-30)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | ToRead | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 大日本窯業協会雑誌 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 新聞読 | 既出 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2020-10-23 [長年日記]

[独言] お手紙をかく 他

初めて試みた。考えてみればこれが最正攻法のような気がする。小っ恥ずかしいのであまり推敲せずに出力して封して出したのだが、これはたいてい失敗するパターン。 画像の説明

今月は「大きな風景」を2度も見た。日本は広い。なんて多様なんだろう。という感慨を新たにする。吉野に通い詰めだった頃とは正反対の感慨かも知れない。

都市は狭くて息苦しい。都市が異常なだけなのだ。そういったことも再認識させられて、他の世界への興味がますます膨らんでいく。行ってみたいところが増えるのはいいことだ。

[新聞読]毎日 ~M24.7.31、日本立憲政党新聞 ~M18.3.30

忘れないようにメモ。6、7月分をとりあえず読み終えて、煉瓦話がほとんど出ないのに耐え切れなくなってM18代に飛ぶ。この頃は日本立憲政党新聞という名前なのだな。ほんのわずかな情報を得ただけで。いや少し意味あるな、堺煉瓦石製造所に勤めていた鹿児島県人田中隆秀氏が耐火煉瓦?を作って皇居に納めたき旨申請あったという話。はじめこれが田中坩堝の人かと思ったがそうでない。この名前は初見。しかしここでも鹿児島県人。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ あきら@大阪 (2020-10-26 23:19)

金毘羅山登ってきたんかいな?

_ nagajis (2020-10-27 21:32)

いや、丸亀城です。香川に行ってうどんすら食わなかった。 <br> <br>自転車のギアを交換したら歯飛びするようになったという、以前あきら氏が嵌まった罠に、現在囚われております。まことにタイムリーです。


トップ «前の日記(2020-10-22) 最新 次の日記(2020-10-30)» 編集