トップ «前の日(12-02) 最新 次の日(12-04)» 追記
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2005-12-03 1月号 この日を編集

ずいぶん前から気になっていたのだが、毎月1日発行を唱う以上、1月号は1月1日発行ということになる.が.

  • 正月くらいは実家に帰りたいnagajis
  • それ以前に、この時期くらいしか長期休暇が取れないため、年末ギリギリよりも数日前には旅路に就いていたいnagajis
  • そもそも正月早々からORJを見て貰えるのだろうか?

等々の理由により、恐らく1月1日発行にはならないものと思われ. じゃあどうするかというと、

  • 旅路に就く前に発行
  • 帰省前に仕上げておき、読み手の都合を無視して(ぉぃ正月早々に発行
    (.htaccessをかけておいて1日に遠隔操作で解除)
  • 年明け3が日を過ぎて発行

といった選択肢が考えられる.今の所前倒し発行が最も有力だが、今でも原稿スピードが落ちている手前、またリアルの仕事でも年末進行で大大変になること必至な状況のため、危ういかも知れぬ.

詳細は次の編集会議で.


2006-12-03 比較的長かった一日 この日を編集

[独言] SPAMのばーかばーか

アホみたいにSPAMツッコミが届くので12/4からここに移動させた.以下内容は2006年12月4日のものである.と2012年4月17日に書き込んでいる.

[独言] ええっと今日はジャンクな話です

 長くなりそうなのでダイジェスト。

第一部・日本橋偏

  • 日本橋のPCショップ・大阪市内は「大阪市内で買うてん」というギャグとも言えないギャグのためだけにある名前に違いないといつも思う。
  • PC-NETの3階がなくなってた!!!
  • バス&タグにSE30ジャンクが5800円。隔世の感甚だし(これはこれで十分高いけれど、かつてはこの3倍くらいした)。あのブームは一体何だったのか。自分もさんざん乗ったクチだが。
  • 結局ソフマップで68pin SCSI 18GBを買う。2980円。日本経済にこれっぽっちも貢献していない。その分人より多く煙草税を納めているので内心忸怩たる思いもない。
  • なんばの古本屋街で「虚航船団」ハードカバーを見つけて衝動買い。といっても200円だが。帰りの電車でニヤニヤしながら読む。コンパスと赤インクと肥後守を足して3で割るとnagajisになると思う。ツツイ菌がまた繁殖し始めている最近。

    (完)

  • 第二部・第13号修正偏
    • 昨日は「3日まともに寝てねえんだ帰っておでん食って寝るべえ」とごろ寝でおでんをほおばりながら掲示板をチェックした段階で誤字指摘があることを発見し急遽修正して速攻寝てしまった。今日帰って改めてメールチェックするとTUKA氏やナキイルカ氏からも指摘を貰ってた!!!また粗相したnagajis。慌てて修正する。
    • いやその前にWindows2000入れたんだった(爆。悪あがきでIDEのほうへ入れようとするが「SCSIとIDEは同時にサポートしない」というPrecision420なので認識はするがインストールできず。大人しくSCSIに入れる。
      ……Win2k激速!いや悪かった!おれが悪かった!誤解してた!同じマシンでBeOSを動かすのに比べて全く遜色ない。むしろ速い。悔しいが速い。しばらく遊ぶことになりそう。なのでnagajis.dyndns.orgはしばらくつながりません。
    • ついでにScribusをいらってみる。日本語入力ができないのはATOKのせいだろうかという疑念があったので素の状態で試してみたものの直接入力できないことには変わりがない。しかしテキストボックスを作っておいて「テキストの編集」をすることで日本語も入力できることを発見。そういう作法のようだ。しかも速い。まともに使える日本語フォントがないことと縦書きできないことを除けばこれだけで「日本の廃道」が作れてしまうかも知れない。むしろそうしたい。
    • その頃13号の修正は佳境に入っていた。ふと思いついて修正箇所をふせんでメモすることにしnagajis。単体版と統合版の2つを直さなければならないのは地味に大変だと思うようになる。そうして午後10時、戦いは終わった。

      (完)

    第3部・ディスプレイケーブルをつなげ偏

    • 結局手ごろなディスプレイが見つからず。第2部ではまだ持っていたディスプレイがPCにつなぎ直した時点で元に戻らなくなる。黄色く染まったディスプレイを前に呆然とするnagajis。せっかくWindowsでXXXしようと思っていたのに…。
    • 最終手段に出た。家にあるジャンクのほうの液晶ディスプレイからケーブルを奪ってつなぎ換えてやるのだと決心し、ジャンク箱を漁ったが、出てきたのは両端が15pinコネクタになったケーブルだった。いまのディスプレイは片側は基盤コネクタにつながるタイプのものだ。

      ええいままよ、基盤コネクタ付近でぶった切って15本ハンダ付けしてやる。暴挙といえば暴挙だが背に腹は換えられない。テスターで調べて(13番の線が切れてた。多分B)対応表を書き、ぶった切ったケーブルにつなぎ直す。

      すべてつないでテスト通電。写らない。愕然とする。諦めそうになった時、ひょっとしてマシンがスリープしているだけかもと思い、キーをぺけぺけと叩いて起こしてやったら見事に表示「された!
      (続く)


  • 2007-12-03 ORJの生まれ出づる場所 この日を編集

    [ORJ][独言][] 部屋を片付けた

    これから15日にかけて忙しくなりそうなので、先に部屋を片付けておくことにした。ふだんは散らかし放題に散らかしていることが多い部屋であり机である。人に見せられる机になったのは何ヶ月ぶりだろうかと思う。生きている証拠というよりORJの制作現場のようすとして現況報告をしてみたい。

    画像の説明机。今年の春だったかに安売りされているのを見つけて散々悩んだ挙げ句に購入したパソコンデスク。もともとはディスプレイ部分が落とし込みできるという触れ込みのものなのだが、nagajisの手にかかればこの有り様だ。ディスプレイ部分はフラットにされ、パソコンが置かれた場所が一段落とし込みにされてしまっている。ついでに右上の棚の狭いことといったら。あな哀れかなLOASのDESK。あ、お願いだから電器スタンドのカサが壊れてるのは見逃して。

    パソコン関係はこう見ると至極真っ当な構成に見えてしまうのが恐ろしいが、ディスプレイはジャンク市にて6英世さんで購入したものであり、Macさんはそれよりさらに2英世さん安いジャンクさんである。キーボードは例のミンクオイル漬けだし右方に見えるPC用のキーボード・初代HHK Liteも実は1280えんのジャンク品である。この場面に収まっているまともに購入したPC関連品はエプソンのスキャナ(机の上)くらいではないか。そうそう、頂き物のバックアップデバイスもまた別格の存在だ。

    しかしながら、この構成でORJは生まれる。我ながらすごいことだと思う。Macは一度HDDが飛んだ以外は実に素直に働いてくれてるし、ディスプレイはボタン一つでPCとMacを切り替えられるし(Inが2系統あるのだ)、マウスは手に馴染んだLogitechだし。申し分ない環境だと勝手に思っている(と、誉めるとMacの機嫌が良くなる)。欲を言えばいまPro Keyboardがほしい。寒さのせいでかキーボードが渋くなってきた。

    画像の説明オレンジ色の箱はよいこのおどうぐばこである。幼稚園以来の夢と希望と思い出とがぎっしりと詰まっている。などということはなく、中身はおどうぐである。たまたま近くのスーパーの入学セールで売っていたのを購入しただけだ。おどうぐばこでなければならない蓋然性は一切無い。蓋がありさえすればそれで良かった。そうして自分がよいこであるという意識も自負もない。

    画像の説明ガラス製の写真立てに入れられた千円札はORJ初の収入である。神棚の代役が写真立てで申し訳ない。辛い時悲しい時はこの千円札を眺めることにしている。ということも残念ながらない。ふだんは飾っていないが今日は特別出演だ。

    画像の説明ぽんず。何故か置かれてある。ORJの何に使えというのか>ぽんず。しかも昆布だし入りだ。

    常備しているという意識はなく、ここに置かれている理由が自分にもわからない。そういうものが机の周りには多い。こうやって使いもしないものがどんどんスペースを占領していくのがいつものパターンである。使わないものは片付ければいいのにと思うこともなくただただ物があふれスペースを奪ってゆく。その狭いスペースで狭いことに苦労しながら作業をしている。我ながら馬鹿だと思う。

    画像の説明ちなみに、寒くなった昨今は寝袋装着がデフォルトである。一度装着すると身動きするのが億劫になり机に縛り付けられてしまうというORJ養成ギプス的な役割も果たしている。これからしばらくお世話になるだろう。


    2012-12-03 この日を編集

    [独言] 洗脳されそうだ

    流行語大賞が決まり、定時のニュースごとに杉ちゃん氏のネタが解説されるのが何とも言えない苦痛である。NHKがやるものだから「馬鹿」がつくような丁寧さで説明されるためネタの面白味が薄れてしまう(そもそもネタの解説ほど哀しいものはない)。その一方で急に口調を真似て「ワイルドだろう?」と入ったりするものだから違和感大爆発である。

    流行語大賞というものは、実はその流行語を殺すために授与されているのではないかと思った。受賞のニュースが流され解説されることで流行にとどめを刺すものなのではないかと。「ご苦労さん、もう出てこなくていいよ」と宣告するためのものであり、その流行語と決別するための儀式のようなものなのだきっと。なお本人の写真は見たことがあるが、どういう声でどういうリアクションをしながら「ワイルドだろう?」とやるのか知らない。テレビがないからだ。腰は直ったんだろうか、彼。

    [独言] 今日は山頭火生誕130年

    歌が合ってない・・・。あと575で弔うべきじゃねえんじゃね。


    2013-12-03 この日を編集

    [独言] モズの早贄

    画像の説明

    名前だけは聞いたことがあった「モズの早贄」。こんな市街地でも見られるものなのだと知った。

    蛙君、可哀想だがなかなかよいポーズをしている。

    本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

    _ tyaffic [何が切ないって、百舌はそれを忘れてしまう事…。]

    _ nagajis [皆さんも、せめて食べてあげてほしい…との感想を漏らしておりました。 どこだったか忘れましたが、不義理をしてしまった鳥に対してお詫びのつもりでこんなことをしているのだ、と言い伝えているところがあっ..]


    2017-12-03 この日を編集

    [橋梁][煉瓦工場] わあおう

    画像の説明

    清水煉瓦跡で遭遇した煉瓦橋梁。たまげた。すげえ造形。これで形を保っているのが驚きだ。

    到着時に一度渡っていたにも関わらずそれが煉瓦製だと見抜けなかった。東觜崎をぐるぐる巡って、バスに乗るつもりで県道に出て、日曜運休と知らされて呆れたあと、商店のおっちゃんに教えられて再確認しに行ったらこれだった。nagajisの目は節穴である。

    現物を見て思い出した。これはずいぶん昔にM先生が写真を見せてくれたやつだ。Fさんも撮っていたのではなかったか。すっかり忘れていた。なんという体たらくだ。

    画像の説明

    脇に降りたり水路に降りたりしてあらゆる方面から検証した結果、銘板まで発見する始末。橋の名前もわかった。体を表す名のはずである。そして遊離した煉瓦をやっと一つ発見し無刻印だと確認できた。Fさんがこの橋を見つけたことを知らせてくれたのを、自分が勘違いしていた可能性が高い。菱Sの出所は一旦リセットする必要がある。

    この銘板には従業員の名前に「煉瓦師」と冠してある。なんと、ほんとうに存在する言葉だったのだ。これはいけない、今日から私は煉瓦師を目指す。

    [独言][煉瓦刻印] その後

    画像の説明

    龍野の旧市街をうろつく。旧市街で見つけられたのはITOの耐火煉瓦と資料館脇の煉瓦煙突の|線のみであった。東觜崎でも龍野でも菱Sは見られず。ううむ。

    画像の説明

    ……居心地の悪いことといったらない。しかも南の方に行けば大庄屋・永富家住宅もあるのだった。なんなんだ龍野。嫌がらせか。


    2018-12-03 この日を編集

    [煉瓦刻印] 'ヤマ'+・@大和高田市内本町

    大和高田市は奈良県南部の中核都市。明治20年代の後半には大阪鉄道が到達し、駅すぐ隣に高田紡績ができあがって「綿業の町」として大繁盛した。そんな大和高田市に煉瓦がどれくらい残っているか? は一度確認してみたいものだと思っていたのだった。

    高田紡績→あれやこれや→ユニチカと変遷した工場はすでに跡形もなく、大々的なマンション街に生まれ変わっていたりして、近代の痕跡は期待していたほど多くはなかった。けれどもそんな大和高田の市街地の狭い狭い路地の端で未見の煉瓦刻印に遭遇した。

    画像の説明

    なんとも描写しづらい形である。たぶん写真は天地逆なのだと思う。ナカグロというか●というかがチョンチョンがついたヤマを被っている。そう見てようやく描写可能な、そんな記号だ。はじめは手書きかと思ったがそうではない。そして他所では見たことがない印である。

    初見の煉瓦刻印が見つかるのはうれしい反面、稀な刻印=同定しづらい刻印なわけで、製造業史を明らかにするんだ!と嘯いているnagajisの喉仏のへんにぐさりと突き刺さる魚(とと)の骨でもある。そういうものとして他の何かと一緒に飲み込んでしまえば支えも取れるかも知れないが、よく咀嚼して食わないと消化不良を起こしそうだしむしろそれで胃を悪くするほうが私は困る。疼痛でその存在を時折思い出させてくれたほうが有難いといえば有難いのである。どうせ会社の同定なんて、どうあがいたって100%な真実には至れないのだ。

    しかしこれ、ホントに天地逆かな。ヤマに等長記号みたいなチョンチョン入れたんって他の屋号でも見たことがない。しかもヤマの中身ナカグロだし。かといってこれで正体だったとしてもまあ困るんだけれど。

    表側がどうなっているか見たいところなのだが斯の如くなコンクリ固定で如何ともできなかった。同じ並びには播煉と思われる三本線、手前には大阪窯業の遊離転石。長屋的な民家の前庭の花壇石になっている。

    大和高田は現県道2号線がかつての高田川だということを意識しながら歩くと面白い。平坦な市街地の中を抜けるこの県道のところだけが一段高くなっていて、以前は天井川だったことがよくわかる。市街地はうねるその川の脇に格子を切って作られてある。高田川の付け変えはたしかその権衡工事として西熊野街道が開鑿されたんじゃなかったっけか。大和の国中と吉野と、遠く離れているように見えてちゃんと関連がある。

    鉄道が早く開通したせいか高田城と市街地の関係よりそれ以外のほうがはっきりしている。確かにその方面に古い町家が残っていたりはするが鉄道でぶった切られているため城下町的な印象はしない。

    本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

    _ しゃちお [兜じゃないでしょうね? ]

    _ nagajis [あ、その発想はなかったですなあ…。頭に留めておきます。]


    トップ «前の日(12-02) 最新 次の日(12-04)» 追記