トップ «前の日記(2012-04-28) 最新 次の日記(2012-05-10)» 編集
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2012-05-08 [長年日記]

[帰宅] きたく

通常業務に戻りたい・・・休んじょる間に仕事がいっぺこしたまっちょった.

画像の説明山の中で雹に降られるというのは人生初体験.上部軌道は遠かった.ここをピークとして小さな発見をちまちまちまと重ねた一週間.

[橋梁] 西河橋

画像の説明西河橋の疑問を解決.πラーメンではない.ゲルバーでもない.カンチレバー=突桁式としか言い様がない.たぶん.そうでなければ三径間連続桁橋とか何とか素っ気無い分類になってしまう.それはnagajisが認めない.

ていうかさ,橋の下見ないと云々言ってたくせに高橋見てないってどうゆうことやねん>nagajis.オマエは今までに高橋を何回渡ったか?

[独言] うげご

情報を提示するだけに終わっている.どうしたものか.そうでないものが求められているはずなのだが,かといって確定情報はわずかしかなく.

[奇妙なポテンシャル] #279

画像の説明

或る岬にて.こういう感じの,何とも評価のしづらい看板が好きだ.狙いが外れたようでもあるし,そもそも狙っていないようでもあるし,種々考えた挙句に投げやりになって,とにかく責務だけは果たしたぞと主張するためだけに形にしたようにも受け取れる.まさか作者はこの看板に100%の満足を覚えていたりはしないだろう.モヤモヤとする何かを抱えたまま事を終えているはずで,今でも時折書き直したくなる衝動を抱えているに違いない.そうに違いないのだ.と私は読んだ.

主張したいことは十二分に分かる.ここにゴミを捨てないで,という思いはしかと受け取った.捨てたりするもんか,と思った.ただしそのためにこのフレーズを持ってきたことには疑問符を付けざるを得ない.なぜこのフレーズを思いついたのか.このフレーズでよしとした理由は何なのか.「め!」で改行しているのは偶然か,それとも故意か.そんなことを考えつつ見ていると居たたまれなくなる.身をよじって悶えてしまう.

作者の心持ちを理解不能な彼岸のものとして拒むことは容易いことである.そうではなく,共感し,感情移入して心持ちを理解する能力こそ,関係希薄になったといわれる現代人に求められているスキルなのではないか.いい悪いの二値評価を拒むこの明明後日感にこそ,明日の日本をよりよいものにするヒントがあるのではないか.何を言っているのか自分でもよくわからないが.


トップ «前の日記(2012-04-28) 最新 次の日記(2012-05-10)» 編集