トップ «前の日(01-18) 最新 次の日(01-20)» 追記
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | ToRead | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 大日本窯業協会雑誌 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 既出 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2007-01-19 主に作業報告 この日を編集

[ORJ] やってみた

画像の説明  予算810えん。見かけても決してクリックしないでください。(うちが広告主なのでクリックされるごとに予算が減ります。あと、予算の関係で表示されたりされなかったりするようです)

 考えてみれば「廃道」というキーワードを検索するような方は元々廃道に興味を持っているわけで、狙いの「新規市場の開拓」にはならないことに今気づいた。しかもオブローダーでGoogle AdSenseをやってる人にとっては甚だ迷惑な話かも知らぬ(予算が低いのでクリックしてもらっても1クリック当りの収入は限り無く低いはず)。自サイトのAdSenseで表示させたくない方は https://www.google.com/adsense/support/bin/topic.py?topic=54 辺りをご参照のうえブロックしてください。バリバリ文句受け付けますので宜しくお願いします。

 逆に考えたら、潤沢な広告費を出してサイトのAdSenseに表示してもらい、単価の高い広告を提供することができるようになればみなさんへの還元になっていいかも知れない。といってもどのみち一番儲かるのはGoogleなんだけどな。

 現状、「廃道」「旧道」「隧道」「旧橋」「林鉄」「オブローダー」「峠」で登録している。どれも商業と結び付くとは思われないキーワードなのが何とも言えず。「廃線」も抑えておきたいところだが実質的には廃線情報が少ない本紙なので控えておくべきかと思う(「林鉄」もあれだなあ、ヨッキ氏はじめの方々のところを食っちゃいそうだ)。ちなみに「廃道」でも1日50回くらい表示されてるらしいが「隧道」はゼロだったりする。結構面白い。

 それよかサイトのSEO対策やったほうがいいんちゃうかと。あと誤字にも注意な。

[バックナンバーCD] 発送作業中

 火曜日に発送できなかった以外は受注の翌日発送が実行できている。昼11時くらいに作業して持って行く足で出社ということも(えーっと重役出勤なのではないので念のため。デフォルトが昼からなのです)あるので早い方は注文日に発送できていたりもする。予想外だ。ただし今だからこそできることであって、月末に漸近するに従って遅延が発生するのは火を見るより明らか。今はe1.01xくらいなんだと思う。それがe1.5xになりe4xになるときのためにあらかじめゴメンナサイしておきます。

 m(_ _°)m ←謝ってっているつもり

 振替口座へ振込んで下さった方の振込通知もぼちぼち届いている。通信欄に応援メッセ−ジを記入して下さっている方、多めに振り込んで下さっている方(;_; 、前もって振り込んで下さった方などもおられて、表現し切ることなど不可能な感謝の念でいっぱい。今後東の方向には足を向けて眠れないな…と月並みなことを考えてしまったが、このような事態が今後続いてしまったら立つか逆立ちして眠らなければならなくなると思われるためいつも通りに暮らします。悪しからずご了承ください。

 冗談はさておき、お心は確かに頂きました。大切に、使わせていただきます。あ、広告は今のところnagajisの懐から捻り出しておりますのでご安心ください。

[ORJ] 作業報告

 次号の製作にもかかっている。やっとマフ巻さんしろさんの旧橋紀行が固まって、本日連絡(しかも訂正を入れ損ねる。ちゃんとやれ>nagajis)。あとはnagajisのメモランダムと地図1枚を書けば。TUKAさんの分もかかる(遅くなってスミマセン…)。さらにもう一方、寄稿を貰った! 頑張って今号に間に合わせます。

 その分、自分の原稿がマズいかも知れない。「喪われた〜」はひととおり書いたが長く手許に持ち過ぎた。書いては消し、消しては書いてをするうちに流れがブツギリになって報告書調になってしまった。絶対的にスピード不足。歴史の部分はもっと膨らませておきたいような気もするが、無理っぽいなあ。。。

 「廃道を読む」はネタを見つけて掛かりつつあるがあまり展開が広がらないかも知れぬ。近代デジタルアーカイブスで見つけた峠リストを検証するもので、リストの峠がいまどうなっているかを調べて「どれだけ廃れたか」を見てみようというものだが、「あった」「なかった」だけで終わりそうな気配。地名の話や明治9年の切絵図、明治17年前後の地名調と絡めて広げるしか。その前に完成するかどうか。

[企画] CDを使って

 ご存知の方も多いかも知れない。世の中にはとんでもない場所でPDAを使ってる人コンテストだとかエクストリーム・アイロニングなどと云うネタ企画がある。個人的にはこういうノリが大好きだし、アイデア勝負なのがいい。そこで、お遊び企画として「とんでもない所にCDがある」コンテストをやってみたいと(密かに)思っている。

 ルールは簡単。とんでもない所に「日本の廃道」バックナンバーCDがある写真を撮っていただき、投稿する。で、公開採点。CDかつ廃道なのでいろいろ応用が利くだろう。グランプリにはバックナンバーCD1年分を...というのは悪い冗談だが、まあ、お気楽企画として楽しんでいただけるのではないか。

 もっと云うと、レタッチ技術を駆使した「ありえない場所にバックナンバーCDがある」企画もやってみたい。こんなかんじで。 desc

 ごめんなさいごめんなさいごめんなさい明日には消します>各位

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ 家猫 [元旦からの日付別に書き込みしちゃった。送金したこと見てもらえるかな心配。今ごろ入金されているだろうから関係ないか。 でも、夜は眠りたいしな、読んでもらえること期待。 大変な事業も最終段階、完売する..]

_ nagajis [ご報告&ご配慮感謝ですー。すみませんねえ、nagajisが書くだけ書くページに成り下がってます>ココ。ツッコミにツッコミ返しはあまり期待されないほうが吉です。 そのかわりお好きなだけツッコミしてく..]

_ ro39ck [m104k]


2009-01-19 この日を編集

[奇妙なポテンシャル] #86

謎かけない問答。

冬に至ると書いて冬至と読む!
その心はっ!

そのまんまや。

…こんなことを呟いてはゲラゲラ笑って涙を流しているnagajisはうさぎさん。寂しいと信者生んだから。そして問答ですら無い。

[バックナンバーCD] 一気に攻略

個別に調整していたpdfをあわせて統合版を作る。一気に作る。一種のゼロ・ポイントであり廃道の峠越えで峠越えちゃった場面である。これを作ってしまうとおいそれとは戻れない。

畳み掛けるようにアンケートとアンケート受信部の調整をする。冬至当時いただいたコメントは最大限に残しつつ、得点部分をばっさり切り捨てて採点方式へ移行。ちまちまコピペしてあたまがくらくら。王様とか増殖する設問とか丸谷君とかぐっちゃぐちゃだったからな。

今のように、個々の記事の終わりにアンケートをつけたいところではあるのだが、さすがにそこまで手が回らない。そこで巻末に使い回しのできるアンケートフォームを作成した。これで送ってもらう。対象をいちいちセレクトしてもらわないといけないが、まあ、一気に回答される場合はwebもあるし、そもそも賞味期限の切れた記事だし。

あとはHTMLとジャケットデータ類。

[バックナンバーCD] #2おまけ記事

フォーマットを考えずにテキストだけがしがし打込んである。丈だが然し、ではない。テンションがいまいち不明の文章になった。あと一つ、ref.があるのだが、そこまで手が回らないか...

[] 滋賀県立図書館思い出した!

近衛歩兵連隊第一大隊の記念誌!ありがとう中澤さん。でも彼の履歴書を写すの忘れてた・・・。

村田鶴ヲ読ムの三は少々書き直しが必要。


2010-01-19 この日を編集

[独言] ギャップ

このシャツはふといい匂いがして困る。煙草臭の染み付いたわが部屋で、これほど薫るものは他にない。

[廃道本][原稿] 2ページもの

言葉足らずなまま押し込めることになりそげだ>野又。それも又ハリか。

メンテナンス中だと!?この肝心な時にッ!!!>国交省

ようやくUP。残りが大変だ・・・。

[独言] Spuareなるもの

http://japanese.engadget.com/2010/01/18/iphone-square/

こういう手軽な少額決済システムが流行ると何かと便利そうだ。例えばOFF会の先でORJ売るとか、トークイベント先でORJ売るとか(そればっかりかよ!)。DiggやTwitterの創業者がやってるというのも今どき風でいいなと思う。既成の枠組みを壊して新しいものを作り出す力を見習いたい。

ORJ売る件に関しては、出先で通信機能が使えさえすれば現状でもできるのよね・・・。カードを使わなくともnagajisに400えん投げ付ければいいのだし。

あ、そうだ、テにCD-Rに焼いたやつを用意していこう。CDつきのノーパソ持っていける方どんぞお持ち下さい。何枚か焼いといてお持ち帰りしてもらってもいいな。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ nagajis [あ、その手がありましたね。と亀レス]

_ いーすとまんこダック [イメージ販売だと純正ジャケットは別売オプションでしょうね。おいしそうな商売ですけどサポートが大変かも。]

_ nagajis [その前に・・・物理的な障害があることに気づきましたorz(22日のブツクサ参照ください]


2011-01-19 この日を編集

[独言][廃道本] ということで

読者かつ「編集部からのお知らせメールを受け取る」設定にされている方にもれなくSPAMが届きます。捨てずにお目通しください。良かったらご参加くださいな。

[独言] 歩く

今日は少し長距離を歩いた。

自宅−岡町駅
梅地下
地下鉄淀屋橋−中之島図書館
中之島図書館−梅田駅−ヨドバシカメラ
服部神社−自宅

歩き方を忘れてしまった。親指に力を入れて歩く方法をスキームから忘れている。かっくんかっくん歩いている。足首がうまく動かない。それでも階段の降りは少し上手くなった。つま先をつけずにかかとで踏んでいけば良い(根本解決になってないが)

たとえ遅くても二本の足で歩けることの有り難さよ。不恰好でも歩けることの有り難さよ。これを繰り返さないことには探索もできない。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ Bee改めbnb206 [あるけましておめでとうございます \(^o^)/ 無理は慎み、リハビリはしっかり、、、でお願いします。]

_ nagajis [さっそく痛くなってしまいましたよorz]


2012-01-19 この日を編集

[独言] おわらねえ

今夜には・・・終わらす・・・でないと命が死ぬ.残りは索道の落し込みとpdfのリンク張りと報告書の仕上げ.時間.まとめ.

[独言] 玉村ー

うしろうしろー. よく考えたら前回の図では三点ヒンジの三角形になってしまう.どうあがいても索を掴めないじゃないか.腕が伸び縮みしない限りは.もう一つどこかにヒンジがなければならぬ,ということを小1時間悩んでようやく解決した.たぶん解決したと思う.よくわかる玉村式の図を書いてクライアントに提出する非道を顧みないほどに頭が疲れ鼻が垂れている午前7時30分.

不動ダムの搬器は改良ホドソン式だ.写真とにらめっこをしててパカパカ開け閉めしたのを思い出した.

[独言] 疲れていることを表明できる程度に疲れている.どうせアピール目的なんだから無視するが吉である>各位.だってここ4日ほど半引籠り状態なんだもの,他に書くことがない

昨日の食い残しのお好み焼きを温めるのに加熱し過ぎてフライパン共々焦がしてしまった(電子レンジなどという文明の利器は持ち合わせていない・オーブントースターはあるが・よって水を加えて再度コンロにかけるしかなく油断していると焦がしてしまう)うえにマヨネーズの蓋を閉じたままひり出してしまい阿鼻叫喚の巷を現出.蓋の内側にこびりついたマヨネーズをどう処分してくれよう.ねぶるわけにもいかないし.

服を着る際に首根っこの辺りでチャックが噛んでしまいゴジゴジやって外そうとしたのだが目の焦点が合わなくて難儀した.あまりに近過ぎで焦点が合わないのだ.遠視が始まって久しいという実感はあるがこういう苦労の仕方があると思い知らされたのは初めてであり若干愕然とした.もう少しで引き千切るところだったが自重した.外れて良かった.

[奇妙なポテンシャル] #274

眠気の狭間から

ポンカンキンカン菊池寛

というフレーズが沸き上がってきてどう仕様も無くなった.

あと,ちょっとなのじゃよ・・・

なんでそんなところで語っているのか>nagajis

[独言] おおばかやろう

あしたはきんようびではないか.しかし終えたのである.


2013-01-19 この日を編集

[近代デジタルライブラリー][近遺調][] いろいろ

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1136392/1236

大日本商工会「大日本商工録」昭和3年版

会社の屋号・社章がわかる。 土木請負業 井上組(大阪市西区)

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1136392/1234

津守煉瓦 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950529/58 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1017477/513 大正15 林商店 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1017477/434 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1031570/8 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/802715/139

同上 煉瓦セメント類 土佐商店 泉四郎 大阪市南区難波新地 創業明治20年。 灘萬=大正3年、楠本栄三郎 これも大阪市 しかし分類的には土佐商店のほうが太井桁の出処かも知れぬ。ただし下市方面との繋がりは不明。http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956917/166

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1136392/1406

同上 屋根瓦製造 ○八 和歌山 たぶん違う


http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/928269/10

奈良県原蚕種製造所編「事績報告」大正6年度

奈良県原蚕種製造所の所在地=宇陀郡榛原町萩原

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950537/338

東洋蚕益社「帝国蚕業大鑑」大正9

宇陀郡曽爾村 穐原亀吉

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950442/45

桑原義彰「大日本桑苗業者名鑑」大正3

曽爾村大字今井 田合静松 と穐原亀吉。もうひとつ田合の名を見た気がするが・・・


http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/951945/33

奈良県「奈良県産業案内」大正3

これはマストリード。内牧村立高城養業学校、養蚕史

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/951945/57

林業 吉野山林、大和索道二見駅P 他に上谷での カリカワ、シュラの写真あり

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/951945/72

郡山町 小松養魚場の景(金魚) 郡山の金魚養殖:小松春鄰

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/951945/74

初瀬水力、奈良瓦斯P 前ページに関西水電第一発電所の写真(県議会史にあるのの鮮明版)、第二の貯水池P。

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454868/88


「奈良県統計史」昭和12

大正4からの索道統計、明治期からの荷車、自転車、自動車数の統計


http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956917/166

「京阪神商工録」大正7

いくつかの煉瓦会社あり。東洋白煉瓦とか。

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956917/356

林土管。大阪窯業と超紛らわしい。

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956917/356

岸和田煉瓦

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956917/386

大日本耐火煉瓦

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1033763/60

「帝国商工録」昭和9

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953068/13

「時局と工業」第2 大正3

大高のコメント

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1140990/236

「耐火物年鑑第2巻」昭和16

広告に耐火煉瓦の刻印多数

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/920412/77

「 泉州商工便覧 」大正5

岸和田煉瓦に関する詳細。八王子にも工場があったのだな。

[][近代デジタルライブラリー] 戦前奈良県水道

『奈良県統計書』昭和14年度版(http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1448602/145)より、水道表を引用。

昭和十三年度末現在
認可又は許可起工竣功給水開始布設総工費(円)給水区域当初計画給水人口極度給水人口一日一人
給水量(平均・㎥)
一日一人
給水量(最大・㎥)
水源水圧の概(kg)
奈良市水道大正4年10月30日大正4年12月1日大正11年9月30日大正10年1月16日1548722奈良市一円50000700000.1590.197河水最高7.7/最低1.0
郡山町水道昭和13年3月25日---451092郡山町一円19000---鑿井-
生駒町水道昭和5年3月4日昭和5年5月7日昭和6年3月末日昭和6年4月1日-生駒町一円530072000.0850.180鑿井平均4.0
大阪電気軌道株式会社水道昭和12年9月4日昭和12年9月5日昭和12年11月20日昭和12年11月21日85000あやめ池遊覧地一円平吋2000/遊覧施設700002000/700000.248・0.0060.370/0.0006鑿井平均3.25
丹波市町上水道利用組合昭和6年9月25日昭和6年9月25日昭和7年1月21日昭和7年1月21日74852丹波市町の一部及び二階堂村の一部5000200000.0990.108鑿井平均3.5
高田町水道昭和8年12月27日昭和9年5月26日昭和11年2月20日昭和11年3月1日287148高田町一円磐園村浮孔村の一部8406334050.1250.205鑿井平均2.0
大正村水道昭和2年3月22日昭和2年3月27日昭和2年6月5日昭和2年6月8日4790大正村大字小林一円110615000.0690.069鑿井不詳
野原村水道大正11年4月19日大正11年4月21日大正11年5月20日大正11年6月1日9254野原町大字牧字上牧3574120.1000.110湧水平均0.018
吉野町水道大正14年9月24日大正15年11月1日昭和2年5月30日昭和2年5月1日107503吉野町吉野山区の大部400050000.0700.140渓水不詳
大塔村水道昭和4年1月26日昭和4年2月1日昭和4年6月30日昭和4年9月20日6500大塔村大字阪本の一部及大字簾の一部3504000.0600.080渓水不詳

郡山町は昭和17年送水開始(http://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/life/env/jousui/000663.html)。生駒市は市の年表に水道開通がある。天理は立派な調査票があがっている。

通水開始は奈良市が最初なのだが、竣功は野原村のほうが先という謎な状況・・・。

配水管延長給水戸数
総数鉄管鉛管其他総数専用栓引用戸数共同栓引用戸数
(放任)(計量)(公設) (私設)
奈良市水道8482871088131785628433-64044311598
郡山町水道---------
生駒町水道1083846805996162399-392-7
大阪電気軌道株式会社水道73526552800-13636100--
丹波市水道1603316033--62121584-16
大正村水道734-734-2122-210-
野原町水道11371137--803-77-
吉野町水道675432723482-198-1971-
大塔村水道22682268--669948-

フトルミン

http://small-life.com/archives/10/12/1720.php


2015-01-19 この日を編集

[奇妙なポテンシャル] 先走る認識

微レ存

というスラングが

粒子ベルで在する

の略だと知ったのはつい最近のことである。それまで「レ」を返り点だと思っていた。漢文の知識を要求する高度なスラングだと思っていたのだ。

微カニ存スル

しかしよく考えてみると返り点で読み下したところで微カニ存スルにはならない。存レ微でもおかしい。副詞を返り点するわけないじゃないか。


2017-01-19 この日を編集

[独言] やってみるものだなあ

いろいろと捗ってびっくらポン。


2018-01-19 この日を編集

[独言] 書かない

大事にしたいことは敢えて書かないという保身。そんなに抱え込んだところで人間が成長するわけでもなし、かといって披瀝しようものならますます矮小なりしことが明らかとなってしまう故に沈黙せざるを得ない。たった一つも持ち合わせてはいないのである。

[煉瓦] 韓国木浦領事館、に始まるいろいろ

確か大阪府誌M36であったと思うが、大阪窯業が朝鮮へ煉瓦を輸出した記録があると書かれていたのが印象に残っていたのだけれども、堺市史史料類纂に拾われている同社の経歴書の中に木浦領事館用に納入したっつー記述を見つけて両者が繋がった。検索してみればこの建物は今でも残ってあるという。例の慰安婦像が置かれたのがこの建物の前だった。建物はとてもきれいな赤煉瓦の建物で、きれいすぎて改装されたものかも知れないと思ったりもするが、きっとどこかに窯業マークがあるに違いない。この他にも確か日本煉瓦も朝鮮台湾に煉瓦を輸出した記録があったはずだがそちらは具体的な建造物名が出て来ない。

煉瓦の輸出はハンター商会の時代から計画があったようだが、それが実行されたかどうかまではわからない。あんなかさばる重いものを何百万個も運ぶのはさぞかし大変なことだろうと想像するし、船で運ぶくらいなら現地に工場を作ったほうが早かったんじゃないだろうか(それで実際に作られた工場も多かった。昭和に入ると大陸のadressの煉瓦工場がいくつも出現する@工業名鑑)。けれども明治20年代には堺の煉瓦が舟運で九州に運ばれ九州鉄道の路線建設に使われていたりするしーーー実際例の五稜星刻印煉瓦が出てきてるーーー何度も書いた通り山仮屋隧道には旭商社製品が納入されている。官営鉄道の建設が滞った頃にはかえって海運が発達し日本の産業革命を下支えしていたという説もある。瀬戸内航路の場合は福岡の石炭を大阪へ運び、空荷で返すのが勿体無いので煉瓦を積んだ、というのをどっかで読んだ記憶がある。海運を舐めたらいかんっちゅうことだろう。あでも堺煉瓦は「鉄道も海運も運賃が嵩むからもっぱら和船を利用」とか何とか書いてなかったけか。海運ノットイコール和船なんだと思ってギモンに感じたのだけれども。ともかくそういう舟運があったから大陸方面にも輸出が可能であった。どれだけ送られたか、かの地でどれだけ内地産の煉瓦が見つかるものか多少興味がある。路地裏に行ったら沢山転がっていそうな気もする。行って調べたくなるほどではない熱心さでそんなことを考えている。んでわかったところであまり実になるものでもあるまいが。

逆に、日本に輸入された赤煉瓦というのはまず聞かない(戦前期に、の話。戦後のは時々見る)。噂ばかりあって実物が見つかっておらぬ。呉鎮守府の建物だってイギリスから油紙に包んで持ってきたという噂ばかりあって実際は日本産であった。ジュラール煉瓦も日本で作られたやつだっけ。敦賀の赤レンガ倉庫にも輸入された煉瓦で作った説があって、そうそうそのことを敦賀港駅舎のパンフレットで見かけてその真偽を確かめようと思い敦賀市立博物館へ行ったのが伝・敦賀線建設用工場に行き着いた経緯だったのだ忘れてた。あの件どうしたらよかんべか。敦賀市の教育委員会さんに尋ねろってことか。

耐火煉瓦は輸入品がいくつも見つかっている。最初期〜明治20年代はまともな耐火度の国産品がなかった。


2019-01-19 この日を編集

[独言]おういえ

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/973979/264

大正期に工場一覧が復活する道府県が多いらしいことに、今頃気づく。北海道、宮城、滋賀、ざくっと調べた三県ともそうだ。こりゃー全部見直しになるかねえ・・・考えただけでも折れる。


2020-01-19 この日を編集

[独言]どうしよう

さてここに、めっちゃめちゃに傷んだ歌川広重『東海道五拾三次 由井』があったとする。

画像の説明

はて、どうしよう。

まずこれが本物かどうか。正直よくわからない。複製印刷じゃないのは確かである。網点ないし、裏がこうだし。バレンで擦った跡があったり顔料が滲んでいたりする。ただ後年元版から擦り直したこともあるようなのでその時のものである可能性もなきにしもあらずかも知れぬ。 画像の説明

真贋はさておき、木版画として見たとしても、これほど高精度で色鮮やかなものは初めて見た。よくこんなグラデーションが表現できたものだ。峠道の岩崖の色なんかも実精細。ためつすがめつして眺めては、めちゃめちゃに傷んでいることが尚の事惜しまれるのだった(しかもサッタトウゲだもんなあ。この構図はとてもいい)。幕末に輸出された陶磁器の包み紙として浮世絵が使われていたと聞くけれど、ヨーロッパに届いたそれはまさにこんな感じだったのではないだろうか。繙いてさぞ驚いたに違いない。

画像の説明

「保永堂版」の落款もある。擦ったのではなく押されたもののように見える。

画像の説明


はじめ和紙だから水張りしたらいけるんじゃね?と思ったのだが、そんなことをしてはいけない。水溶性顔料を使って摺っているので水をかけた途端にえらいことになる(多分)。かといって復原修理してもらうほど思い入れや金子があるわけでなく、しかし捨ててしまうのも勿論忍びない。金銭的価値云々じゃなくて、もとは立派な芸術作品であり文化遺産であるように思えて無碍に扱う気になれない。

うむ、どうしよう。


トップ «前の日(01-18) 最新 次の日(01-20)» 追記